2007年08月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『コミックエール!』VOL.2

男のコ向けの少女まんが誌第2号。今号はメガネヒロイン”レンズ越しの恋”と題して,黒渕かしこシギサワカヤ日坂水柯の三氏の特集が組まれている。

また,公式サイトもリニューアルされており,一部作品のちょい読みや壁紙ダウンロードなどのコンテンツが用意されている。

【新連載】松沢まりさんぶんのいち。
おてんば,泣き虫,どんくさだった幼い日の三人。月日は流れ,泣き虫はキレイに,どんくさは頼もしくなっちゃって。そしておてんばの”あたし”は,変わり始めた二人の気持ちにまだ気づいてなくて――,という感じの話。三角関係ものだけどそこはエール,想い想われの向きが一味違う。おてんば娘って男女両方の側面を持っててキャラ的に絶対ズルいと思うのですよ。女の子は可愛く,男の子はかっこよく,そんな絵もいいなあ。
【集中連載(1/2)】須田さぎり「あいふぉ」
須田氏の同人誌作品の模様。大陸を牛耳る組織のボス。その元に突然現れたチャイナ的少女。彼女が持ち込んだ「薬」は,人を恋に溺れさせる薬だった。その薬を飲まされてしまったボスは――,という感じの話。ああ,私は惚れ薬的な小道具に弱い。正確には,そこから導き出される,自分の気持ちが暴走して制御できない,的なシチュエーションに弱い。きゅんときて悶えてしょうがない。VOL.1の「ラブイーブン」よりもこちらの方がはるかに好きだ。後編も楽しみ。
【新連載】水谷悠珠・かえで透境界恋愛少年少女
新しいお屋敷に引っ越してきたお坊ちゃま。広い屋敷のある部屋で,彼は赤い瞳の少女と出会うが,彼女は彼の目の前ですーっと消えてしまう。異世界に幽閉された少女,そんな言い伝えを聞いた少年は,彼女にまた会いたいと願い,そして――,という感じの話。今回は顔見せ程度。今後は何度も出会ううちに憧れが恋心に,的な展開なのかな。こちらの方は中性的な男キャラの絵がいいなあ。この絵が少年の純粋さをブーストさせている気がする。中性的と言えば,「胡蝶ノ姫」はストーリーもかなり衝撃的だった。
仙石寛子「背伸びして情熱」
この作者に活躍の場を与えた,それだけでこの雑誌は十二分に価値があると思う。消え入りそうに儚げな絵,モノローグとコマの間の使い方,それらが紡ぎ出す痛ささえ感じさせるストーリー,そのいずれのセンスも他に類を見ない。これが4コマ”だから”実現したのか,あるいは4コマ”でなくても”実現できるのかどうかは分からないけど,少なくとも「4コマでもここまでできるんだ」ということを感じさせてくれる,そんな作品。この才能を手放すことだけはして欲しくないと切に願う。
さかもと麻乃「リスランタンプティフルール」
VOL.1からの連載作品。とある女学園の中庭の花園「リスガーデン」は色とりどりの花が咲き誇る場所。その花のお世話をする女学生たちの話。設定といいタイトルといい,あの作品を連想してVOL.1ではスルーしたんだけど,今回の話を読んで「あ,これは違うぞ」と感じた。花やフリルや香水といった小道具が生み出す乙女っぽさのせいかもしれない。
あらたとしひら「魔法少女いすずさんフルスロットル!」
VOL.1からの連載作品。転校早々あるメガネ少女が出会ったのは,犬耳でちびっこな先輩・いすず。この先輩が実は魔法使い(ただしへっぽこ)で――,という感じの話。VOL.1ではギャグ要素が控えめだったんだけど,今回はプールでお決まりのあれやこれやが詰め込まれていて楽しかった。この方の作品で読みたかったのはこういうノリなんですよ。あと,いぬみみすとの私としては,いすずさんのふさふさしっぽも見逃せない。
【ゲスト】黒渕かしこ「大なり小なり」
メガネ特集作品の一。幼稚園からのメガネコンビだった大島くんと小島さん。小学校時代にメガネのせいで周囲から冷やかされる日々にうんざりした小島さんは,大島くんと絶縁すべく,中学生のある日にメガネを捨てたが――,という感じの話。小島さんのメガネ批判にも動じず,逆にカウンターの一言をさらっと放つ大島くん。このシーンを作り上げる二人のキャラクターが良いなあ。この方にはまた登場してほしい。
ろくこ「リトル・リトル」
絵が良い。とにかくそこが原点だと思う。少女と狐耳っ娘の表情も,フリルのしわも,ふさふさなしっぽの,背景の木々やレンガも,水しぶきの一滴でさえも。

VOL.1で感じていた不満と不安はどこへやら,VOL.2はかなり私好みの充実した内容だった。中でも仙石寛子,ろくこの両氏が私の中ではダントツ。両氏とも掲載ページ数は少ないけど,長く作品が続いて欲しいと思う。

次号は11月に発売。芳原のぞみ,うえだ美貴山本ルンルンの三氏が新登場。芳原氏はそもそもは『りぼん』系の方らしく,現在はタイム系列誌で4コマ漫画作品をいくつか連載してるけど,ストーリーものを読むのは,私はこれが初めてになりそう。楽しみ。

スポンサーサイト

芳文社『まんがタイムきららキャラット』2007年10月号

今月号は新展開な作品が多い。

門瀬粗「とらぶるクリック!!」
大富豪。ローカルルール会話が秀逸。ニョッキなんて初めて聞いたよ! マジバトル描写も素敵。
荒井チェリー「ハッピーとれいるず!」
またまた新キャラ登場。読者に対して容赦がないよ! 生徒会の苦労人・渡辺くん。姿が一芽くんと被る……。他のキャラも持て余してる感がしなくもないんだけど,まだそんなに連載長くないし,これから各人を見せてくれるのだろう。
【ゲスト】都桜和「うらバン!~浦和泉高等学校吹奏楽部~」
前々号前号に続き。猫耳な部長さんが俺の中で一気に加速した!

竹書房『まんがライフMOMO』2007年10月号

とりかえっこ4コマは,藤凪かおるの「レモネードBOOKS」と,山名沢湖の「サクラ満開!!あかり組」

北条晶「お父さんは年下♥」
お父さんの従兄弟くんが登場。そして男の子同士な展開に! 大学の先輩といい,お父さんモテモテだね! ライフでもそのうちに登場するかな?
【新連載】佐野妙「森田さんは無口」
ライフ3月号MOMO7月号のゲスト掲載を経て連載化。無口な女子高生・森田さんの日常。今回はゲスト掲載時の設定を振り返るお話。この作品の4分の1くらいは「ふんわり」でできていると思うんだ。すなわち無口ゆえのスキンシップ。柔らかい線と相まった雰囲気が好きだ。あとエロ男子どもは俺か。
【ゲスト】東屋めめ「まぐ♠ばぐ」
海外の姉から届いたのは人の顔をした新種の昆虫。可愛い顔して凶暴なその姿にきりきりまい,という感じの話。虫っぽさを前面に押してきてるけど,それがきっとこの方らしいのだろう。だから再登場するとしたらどうネタを広げてくるのかが気になるのよ。引きからするに仲間を登場させて関係性で見せてくれそう?
【ゲスト】いのうえ義成「小春日和」
前作「ピュアコン」の終了から間もなく新作が登場。おませな姉と毒舌デコな妹,そして二人のパパの日常。二人娘の照れ顔と「ガーン!」の顔で,ラブリーかつコミカルに見せてくれる。個人的には若いパパさんがさらに高ポイント。三人がいいパワーバランスしてると思うんだ。続けて読みたい。

芳文社『まんがタイムオリジナル』2007年10月号

小坂俊史「幼稚の園」
前作「ひがわり娘」と同じ臭いを感じた一話。お医者さんごっこがいいなあ。
【ゲスト】茶崎白湯「おたママ♥」
あれ? もう登場しないと思ってたけどまた登場してるよ。よきかなよきかな。このママは美人でオタクってだけでズルいと思うんだ。カムフラージュされてるね!
高原けんじ「花咲だより」
両親が登場。姉の暴走を抑える存在になるのかな。個人的にはそうなってくれると読みやすくなると思ってるけど。少なくとも私にとっては。
【二本立て】東屋めめ「L16」「すいーとるーむ?」
「L16」はグルメ取材記。仕事にまっすぐな初々しい姿っていいよね。宮原るり「みそララ」のような。「すいーとるーむ?」はタイムからのゲスト。相変わらず女性キャラがしたたかだ。この方も躍進著しい方だ。「L16」は仲良し姉妹ものとしても注目。
【ゲスト】橘紫夕「路地裏の王女」
「でかポメ」の「たちばなしゆ」氏がタイオリに初登場。むしろ芳文社誌に初登場だったりするのかな? 白黒野良猫の日常。シンプルな線で描かれる猫の仕草の可愛さ。飼い猫とは違う,遠目に眺める心地よさ。「でかポメ」の宗次郎とのやりとりも和むわー。
『ハムスペ』が休刊して母体のあおば出版も倒産してでどうなるかと思ったけど,まず芳文社が拾った形に。竹書房誌にもそのうち登場するかな?

10月22日にスクウェア・エニックスから4コマ単行本が3作品同時発売,発売記念フェアやドラマCD全員プレゼントもあり

追記 (10月22日 1時20分)

詳しいフェアまとめを書きました。

現在発売中のスクウェア・エニックス『ガンガンWING』10月号や,カザマアヤミ氏のブログに告知が出ていますが,10月22日にスクエニから4コマ作品の単行本が3冊同時に発売されるそうです。

タイトルは,カザマアヤミ『ちょこっとヒメ(3)』,高津カリノ『WORKING!!(4)』,尾高純一『勤しめ!仁岡先生(2)』です。

これらの単行本の発売を記念して,フェア「スクエニ4コマ×3フェア」が開催。連載誌である『ガンガンWING』『ヤングガンガン』『ガンガンパワード』三誌で合同企画が開催され,その一環として「ちょこっとヒメ」ドラマCD応募者全員プレゼント企画があるとのことです。

また,9月12日発売の『月刊少年ガンガン』10月号誌上企画「特上!GGグランプリ」にも,カザマ氏の読み切りが掲載されるそうです。WINGの告知を見る限り,ヒメの番外編のようです。

私が楽しみなのは,何といっても「ちょこっとヒメ」関連。特にドラマCDでヒメたちの活躍が聞けると思うと楽しみで仕方がないです。次はアニメ化!アニメ化!

また,それとは別に,スクエニの4コマ展開もちょっと気になります。前述の「特上!GGグランプリ」もそうですが,スクエニの4コマポテンシャルはかなり高いと思ってるので,ここから新作や新企画が登場しないかと期待してます。

追記 (9月12日 23時48分)

ガンガン10月号を買ってきました。「特上!GGグランプリ」には以下の10作品が掲載されていました。

  • 土塚埋弘「チャンピオン」
  • 尾高純一「球欠鬼デルトロ」
  • 高津カリノ「松本麻耶の今日この頃」
  • カザマアヤミ「我が家の三大美女」
  • 堀田きいち「先生あのね」
  • 石黒正数「ポジティブ先生」
  • 石見翔子「ロマンスの風でつかまえて…」
  • 元田桃「内閣総理大臣の娘」
  • ざら「きたくぶ」
  • ヒロユキ「マンガワーク」

高津・カザマ両氏はそれぞれ「WORKING!!」「ちょこっとヒメ」の番外編で,他は新作のようです。

さらに,4コマフェアの追加情報もありました。まず,10月12日発売のガンガンにも「WORKING!!」「ちょこっとヒメ」「勤しめ!仁岡先生」の描き下ろし4コマが掲載されるそうです。

また,応募者全員プレゼントのドラマCDは3作品合同のものになるようです。詳しくは単行本帯を参照とのこと。

このブログの関連記事

関連リンク

スクエニ作品に詳しいたかひろ的研究館さんへのリンクを張っておきます。

芳文社『まんがタイムきららフォワード』2007年10月号

今月号から独立創刊。

岬下部せすな「S線上のテナ」
表紙&巻頭カラー。先日にはフォワード作品初の単行本も発売された。まんがタイムきららWebには今作の特設ページが用意されており,ストーリー紹介や第1・2話試し読みなどのコンテンツが用意されている。そういえばこの作品も音楽がテーマだ。4コマだけでなくストーリーでも,芳文社は音楽作品をプッシュ中?
【ゲスト】里好「うぃずりず」
きらら本誌連載の4コマ作品がストーリーで登場。夏の臨海学校でリズっちが男子に告白される!? という話。詰め込まれたネームもストーリーで読むと違和感がないなあ。お風呂に消灯後の恋バナにキャンプファイヤーにと,定番のあれやこれやを詰め込んで,男子も交えてこれぞ臨海学校という一話。男女とも生き生きした姿がいいなあ。お風呂ではリズっちがギリギリ。そしてまさかのBLオチ。
【ゲスト】大富寺航「あるころじっく」
作者は「おおふじわたる」。考古学者の両親から姉妹に届いた荷物。中から現れたのは元・地味な助手だったという金髪の美少女。話を聞くに,両親が新発見した遺跡によってみんな金髪ダンディ&ビューティーになっちゃったらしい,という感じの話。ゲスト作品というよりは新連載作品の顔見せ第1話という印象。つまり読みきりとして読む分には締まりが悪い。これは再登場すると見ていいのだろうか。そうならば,「呪い」をどこまでストーリーに絡めてくるのかが気になる。
【ゲスト】松本ミトヒ。「笑いの女神」
Vol.7以来の登場。女神シリーズ(私が勝手に命名)第2弾。今回はお笑い系の女の子が登場。”笑いの奇跡”を巻き起こす友人を相方にすべく,お笑いの良さを知ってもらおうとするが……。教科書が自主規制辺りのセンスに脱帽。オチはまさかのパンツ。でもやっぱり南のキャラに惹かれるなあ。白目と猫口はギャグに強い。この子メインの話も読んでみたい。
三嶋くるみ「ろりーた絶対王政」
何度も言うけど傷持ちの男子視点ってだけで今作はずるいと思う。るるは一本筋通った娘だなあ。いじめっ子に啖呵切る姿なんて特に惚れる。最後のおや?に作者の茶目っ気を感じた。

エールが”季刊コミティア”なら,フォワードは”月刊コミティア”な一面もあるよね。今はもみじ真魚ちはや御影三嶋くるみの三氏だけど,もっと登場しないかな。以前にも登場したカザマアヤミ氏とか,MAXで「ちびっと!」描いてる楠見らんま氏とか。ふかさくえみ氏が登場したらマジ神だと思う。親和性は絶対高いと思うんだけどなあ。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2007年10月号

夏コミ企業ブース販売物の誌上通販あり。

高野うい「あにけん」
巻頭カラー。あれ,コミケじゃない!? と思ったらやっぱりコミケだったという予定調和。
森圭治「こまらぶ」
連載再開。メイド喫茶。高野先輩怖ぇー。キャラがさらに強力に。そして藤代君オワタ。このまま引きずり込まれそうだ。
内村かなめ「もっと!委員長」
今作の舞台は瀬戸内だった!? なんてね。くまちゃんの不憫キャラが加速している。
湖西晶「ソーダ屋のソーダさん。」
生々しい女たちのやりとり,消えたなつめ,失意の沙和の発した言葉。何すかこの怒涛の展開は。
【ゲスト】永緒ウカ「みつきにっき。」
8月号以来のゲスト掲載。光貴姫のコスプレ姿を見ると逆説的に和装が映えるなあと思ってしまう。きっと和の言葉遣いの印象が刻み込まれてるんだ。そんなことを思った私は最近和の姫様キャラが気になっている。「暴れん坊少納言」とか読んでみたいなあ。
【ゲスト】蒼月ユズ「ひなイズム」
第2回一迅社コミック大賞ギャグ・四コマ部門部門賞受賞作。道場の弟子と師匠。ある雨の日,師匠が雛菊という名のみなしごの幼女を拾ってきた。この娘が顔に似合わず毒舌で,弟子は彼女にきりきりまい,という感じの話。大分完成されている印象。容赦ない毒の雛菊と耐え忍ぶ弟子とのハイ&ローなやりとりで見せてくれる。あとは雛菊に弱点というか,可愛げがあって欲しいなと思った。
一迅社もぱれっと含め各誌で新人賞作品を募集しているようなので,今後も新人賞出身の人たちが出てくるのかもしれない。こういう刺激には期待したいところ。

双葉社『コミックハイ!』VOL.29

夏コミ企業ブース販売物の誌上通販あり。グッズのみで本の類はなし。

御形屋はるか「ぽてまよ」
加速する薫&むったんのラブ。女の子用のフック? 俺も期待してるけどな!
重野なおき「うちの大家族」
りんちゃんと宝くじ。結末はこの家族的には予定調和なんだろうけど,そこに至るまでのくじの生死(?)にドキドキハラハラしてしまう。単行本5巻が9月12日に発売。
山名沢湖「つぶらら」
甲子園編終了。球児とデビューCDと大ケガと,あれだけ拡散していた暴走がきれいにまとまっちゃうんだもんなあ。回想的にお見舞いの人たちが映る2ページがきれいだと思った。そして新展開への引きも忘れない。
【ゲスト】晴瀬ひろき「蠢動!ベルゼブブちゃん」
コミハイに晴瀬氏が初登場。学園に暗躍する謎のヒーロー・怪人ベルゼブブ。その力を前生徒会長から継いでしまった新会長。ドタバタのうちに彼女たちは事件に巻き込まれて,という感じの話。『COMIC SEED!』の「ゆーあい☆エトランゼ」のイメージを持ってただけに,ハイテンションかつ生々しいギャグの連続に軽くショック。何よりベルゼブブの必殺技が素敵。ラブコメへも百合コメへも持ち込めてしま……わないか,効果がアレじゃ。ところで晴瀬氏の絵には,濱元隆輔氏に通じる何かを感じるのは私だけでしょうか。
【不定期連載】新井葉月「薬屋りかちゃん」
うおう,藤沢さんかっこいー。見る目が変わるようなエピソードってやっぱりいいよね。次号も掲載。最近は連続して掲載されていて嬉しい。

芳文社『まんがタイムスペシャル』2007年10月号

【ゲスト】秋吉由美子「なでしこ3on3」
先月号に続きゲスト掲載。神社街道の3人娘のバスケ物語。バスケのディテールには踏み込むのかな。3人組という記号を利用して彼女たちの青春ぶりを見せる方向に行くのかな。次号から連載化。
【隔月新連載】安堂友子「瞬け!シャイン」
先々月号のゲスト掲載から隔月連載化。不老不死,暗殺拳の達人,ヤバイ組織のヒットマン? ……などなど,クセのあるサラリーマンの面々を描くギャグ4コマ。ネタをキャラに紐付けない点は,くらオリの小坂俊史「やまいだれ【疒】」に通じるものがある。両作品とも,キャラに縛られないネタの広がりが,あるいはそれを予感させてくれるところがワクワクする。
【ゲスト】楯山ヒロコ「ハニーtheバンドガール」
先々月号からゲスト掲載中。お嬢様的な表面とロックな裏面,その両方を確実に見せてきてるなあ。夜の海の一本とか。主人公にらしさが出てきた。こちらも次号から連載化。
【ゲスト】佐野妙「Smileすいーつ」
ファミリー連載作品がタイスペに登場。社会人と高校生の仲良し姉妹の日常。本当,この方は躍進著しい。タイムのゲスト掲載と合わせて,単行本になるのも早いかも。
【ゲスト】おぐら可奈「まんぷく☆ガール」
お弁当屋さんで働くハラペコ女子の話。ハラペコぶりだけでなく,料理の腕前でも楽しませてくれる作品。料理をおいしく作っておいしく食べる娘に悪い娘はいない。4コマ目のインパクトはもっとあってもいいかも。

よんこま小町4かいめにサークル参加申込

よんこま小町4かいめ サークルカット

11月18日(日)に大阪にて開催される4コマオンリーイベント「よんこま小町4かいめ」にサークル参加申込をしました。当選したらサークルカットの通り4コマ評論本を出す予定です。

3かいめの参加者のレポートは当ブログはてなブックマークにまとまってます。

オザキミカ『だてまき。(1)』/まんがタイムコミックス/芳文社

オザキミカ『だてまき。(1)』

まき「ごちそう様でした」

店員「あらー 残さず食べてエライね~」

まき(また子供扱いされた トホホ…)

マサムネ「さっきの店員さー ちょっとわかってないよね」

まき(マーくん… 怒ってくれるの? いい人…)

マサムネ「まきちゃんがごはんを残すはずないのに」

オザキミカ『だてまき。(1)』 p.16 「残さずこぼさず」

タイトルに偽り無し。何気ない日常を描くことを通じて「だてまき」そのものを描いた作品と言っていいだろう。

オザキミカ「だてまき。」は,芳文社『まんがタイムスペシャル』連載の4コマ漫画。身長差40cmの夫婦,伊達マサムネくんとまきちゃん。まきちゃんは子供と間違われるくらいに体は小さいけど,食べる量は一人前以上のハラペコさん。こんなまきちゃんにマサムネくんは感心したり呆れたり? そんな二人の日常を描いた作品。今作は著者初の連載作にして初の単行本でもある。

のほほんとした日常系の作品。まきちゃんがそのちびっ子&ハラペコキャラでもって,ある時は小学生と間違われたり,またある時はマサムネくんのおやつまで食べてしまったりと,奇をてらわないストレートな言動でもって楽しませてくれる。インパクトはないが変に凝ったところも無く,安心して読める作品である。

私が今作から連想する作品は,たかの宗美「有閑みわさん」だ。両作品とも奥さんのキャラ性――ハラペコ主婦とスーパー主婦という違いはあるが――で,そして,そのキャラ性を見せてくれる作品だからだ。この意味で両作品のタイトルに偽りは無い。何気ない日常を描くことを通じて「だてまき」を「みわさん」を描いた作品と言える。

今作について言えば,「有閑みわさん」よりもはるかに登場キャラが少なく,そこから生み出されるマサムネくん・まきちゃん空間の安心感が心地いい。その安心感がまきちゃんネタの安心感を生み出し,それが二人の空間に還元される,というサイクルを生み出しているようにさえ思う。私はこんな二人を読めば読むほど,彼女らの空間にはまっていってしまう。

ドラマを見せる前に,日常を,そしてキャラを見せる。それがファミリー4コマの原点であり,直接的な読みの心地よさの源泉であるように思う。ストーリー4コマに感動する私たちが忘れていた価値がこの作品にはある。私にはそう思えてならない。

おとなり感想

身長差カップル、というのが大きな特徴で、強烈なオチはないが無理な設定は少なく安定安心して読める日常系。のほほんと4コマを読みたい方にぴったり。順調に連載は続いているので2巻以降も順調に出ると嬉しい作品です。

dominoの編集後記 - 『だてまき。(1)』(オザキミカ/芳文社/ISBN:9784832265622)

それは、『だてまき。』という漫画の世界が、このふたりだけで充分に満足させられているからかな、なんて思うのですが、そうなんですよね、読んでいる私にしても、このふたりだけで充分すぎるくらいに満足しています。

こととねお試しBlog: だてまき。

だてまき。はねー、なんでハマッちゃったのか自分でもよくわかんないけど、たぶん、まきちゃんのことがすっごく好きなんだと思う(告白)。彼女の一挙一動にすごく楽しませてもらってます。

under construction... 奥様は大食い

身長差ネタと、ヒロインの大食らいネタが殆どを占める。それでも、季節感のある話題が多いので、ワンパターンな感じはせず案外飽きはしない。

マンガ一巻読破 | オザキミカ/だてまき。

芳文社『まんがタイムコレクション むんこコレクション』

むんこ「らいか・デイズ」「だって愛してる」を中心とした再録増刊号。「らいか~」は運動会編の描き下ろしあり。併載陣は安堂友子,宮原るり,久保田順子(掲載順,敬称略)。

タウン9月号と同様の告知あり。今秋発売の『だって愛してる(2)』には休載前までを完全収録とのこと。10月までの単行本リストに名前がないから11月発売かな。また,『らいか・デイズ(6)』は10月6日に発売。

【併載】宮原るり「恋愛ラボ」
第1話~第3話が再録された前号のタイコレに続き,今回は第4話~第7話が再録。ホーム本誌で目下展開中の前会長・会計のチラ見せ話が読めるのが嬉しい。

次号はひらのあゆコレクション。9月20日発売。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2007年10月号

玉岡かがり「ぼくの生徒はヴァンパイア」
あけすけな姉さんと純情なカミラを対比させたやりとりが好きだ。なぜならカミラの赤面が見られるからさ!
大和狸「オオカミの手かします!」
お母さま襲来。最初から最後まで,ハチの母の痛快なキャラを強烈に印象付けてくれる話。娘に容赦ない姿なんて特に生き生きしてるよね。あと,絶対上手いと思うんよ,4コマ目でキャラを見せて結ぶってのは。
【最終回】荒木風羽「スキっ!キライっ!」
俺的MAX百合三本柱(「落花流水」,「スズナリ」→「かなめも」,今作)のひとつが連載終了。ああ,いいなあ,この軽すぎず重すぎず,しっかりとした展開。ラス前の4本は定型=4コマでできる限りの感情対比を生かしきってるよなあ。最後のページではよる子の言葉を遮るまひるの姿がすごくいい。「理屈よりも感情なのよ!」をばっちり見せてくれる締めだった。いい作品でした。次号から新作が始まるようなので,そちらも期待。
【ゲスト】葉月みやと「わんこなハート」
MAX6月号から再登場。犬耳っ娘とご主人様の女の子とオタクな兄さんと。犬耳っ娘ってだけで色々とバイアスがかかるよ! 兄さんのまともな一面を見せてくれたのが好印象。メガネ属性の一言でまともからダメへ落としてくれるラス前一本が好きだなあ。
荒井チェリー「ワンダフルデイズ」
座敷わらし仲間(?)の零さんが登場。タカビーで滑稽な幼女だ……と思いきや,ストーリー上のキーパーソンでもあるのか。いずれにしよ,荒井氏の作品は新キャラが登場したってだけでわくわくするなあ。今でさえキャラが多いと言うのに,各人が確固たる存在感を持っていると思うから。

竹書房『まんがくらぶオリジナル』2007年10月号

携帯電話で雑誌の特定のページを撮影して送ると特別映像が閲覧できる動画企画あり。今の画像認識技術ってすげー。

野広実由「うちの姉様」
先月号からの連載作品。早速新キャラの東大男子が登場。こちらは分かりやすいストーカー,もとい,変人さんだ。天才という記号には変人が良く似合う。ラブコメへの準備もOKということかな。真面目な一面も見てみたいなあ。
中島沙帆子「シュレディンガーの妻は元気か」
空気が読めないんじゃない! 世界を正確に記述し伝達しようとしているだけなんだよ旦那さんは! と主張してやる。これくらい理系な記号にまみれていると突き抜けていて痛快だ。
「ぼく、オタリーマン」が人気になる時代なんだから理系人間だってプッシュされていいと思う。「うちの姉様」とか,芳の「白衣とリボン」とか。双の「微分・積分・いい気分」が終わっちゃってるのが惜しいなあ……。あと腐女子ブームに乗って「電脳やおい少女」とか復活しませんか?
さとるサブレ「シローとシロ」
尻を追い尻に敷かれ。さとる氏はネタも絵も最近はかなり良くなってきてると思うのですよ。今作では奇をてらわない日常ファミリーネタでしっかり見せてくれる。毛色の違うファミリーものも読んでみたいなあ。
【ゲスト】東屋めめ「リコーダーとランドセル」
ちんまい高校生の姉と,姉より大きい小学生の弟。彼の背中にはリコーダーとランドセル,という話。姉の視点から,弟の外見と内面のギャップを見せてくれる。分かりやすくて面白い。最後の一本でいい話にもって行くかと思いきやちゃんと落としてくれるところが個人的には好印象。連載ならもっとキャラ設定を詰めなきゃいけないんだろうけど,単発で見せるならこれくらいがちょうどいいのかな。作者の仕事量的に,連載にはなりにくそう?
小坂俊史「やまいだれ【疒】」
ついに本格的な犯罪に手を染めるキャラが……。小坂氏のブラックジョークはここまで来たかと思ってしまった一本目と最後。

芳文社『まんがタイムファミリー』2007年10月号

曙はる「キラキラ☆アキラ」
お隣のたいぞー君がアキラと桃ちゃんをかき回して,というか桃ちゃんを振り回してドタバタに。こういう存在は二人の仲の良さを強化してくれるなあ。ごちそうさまでした。
北条晶「はっぴぃママレード。」
男の子たちに子供が一気に増えた気分よとさなえさん。この距離の取り方が心地いいなあ。さらに家庭の味でママ分を大量に補給。
佐野妙「Smileすいーつ」
飯田君がたくさん登場してる! いいぞもっとやれ。果歩ちゃんとのふんわりラブラブぶりにじわじわと萌やされる。
逸架ぱずる「がんばろ・まい!」
この作品はご当地愛漫画と捕らえ直すべきかもしれない。ウェブでも最近は沖縄コミックチャンプルーとか,動きはあるんだよなあ。名古屋はネタが豊富だけど,さらに一歩踏み込んでご当地の雰囲気を出した話も読みたいなと思ったり。帰省ネタとかでできそう?

竹書房『まんがライフ』2007年10月号

小冊子『別ラ volume01 コミックエッセイ生活』が付録。ライフ執筆陣+αがエッセイコミックを執筆。執筆陣一覧はすいーとポテト@はてなを参照。

【ゲスト】秋吉由美子「チェンジアップ!」
野球少年と,彼に惹かれてマネージャーになった女の子。高校生になった二人は互いに想い合い,甲子園を目指す,という話。タイスペの「なでしこ3on3」もそうだけど,秋吉氏はスポーツという切り口から青春4コマに挑戦しようとしているのかな。どこまでディテールに踏み込めるかに注目してみる。
樹るう「ポヨポヨ観察日記」
鈴木君は大手。意外な一面が!
なかしまゆみここけももさん
Flashアニメ企画の宣伝ページが。いつの間にか第4話まで掲載されてるよ。竹書房とlivedoorはいろんな企画を打ち出してきてるよなあ。小冊子にもアニメ製作過程を描いた「フラアニ新聞」が掲載。
まがりひろあき「よいこのしごと」
カツラを貰っても顔色ひとつ変えない博士が好きだ。単行本1巻が10月23日に発売。
【ゲスト】森田ぐりこ「ぺきぺき」
ライフ4月号に「おたくの娘さん。」がゲスト掲載された森田氏が再登場。潔癖症の幼女の話。お父さんと合わせて黒いぜこの娘。強烈なキャラだ。最後の一本で黒さをぎりぎり踏みとどめているところに良心を感じた。
【小冊子】北条晶「腐腐円満」
オタク夫婦な北条氏夫妻の日常。もちろん夏コミの話題も。午前中にスペースにいたのは旦那さんだったのかな。

コミックマーケット72 買い漏らしリスト

3日目からの続き)

買い漏らしリストを晒すのが同人ブロガーさんの間で 流行って いる らしい ので,場違いかもしれないけど乗ってみる。

1日目西2まるごと
1ホールまるごと忘れるとかどんだけですか。ドラクエエリアを回りたかったのに……。
3日目東D16a《Nostalgic-Barbie
帰還後に仲間に見せてもらってどハマって,でもちゃんとチェックしてたのに行っていないという orz 猫耳で少女でエロいのとか大好きです。
3日目東フ37a《ぐらヴィ団
新刊無しと油断してたら二丁目イラストのペーパーを配っていた模様。
3日目東ヘ32a《両々王国
あらい・まりこ氏のペーパーを貰い忘れたー! いや,スペースには立ち寄ってるんですよ? でもペーパーの事だけすっかり失念してたよ……。
3日目東ミ42a《smile rocket
「ゆるユルにゃー!!」表紙の豆本を頒布していたらしい。ノーチェックだった。
3日目西あ6b《くれすBOOKS
13時30分頃に行ったら既に撤収済み。
3日目西に19b《さるさるの惑星
13時30分頃に行ったら既に撤収済み。@++さんによれば,12時30分の時点で既に撤収していたらしい。

きっとまだあるはずだけどこれ以上は心が折れちゃいそうなので見て見ぬふりをするよ!

(入手物紹介に続く……といいなあ)

コミックマーケット72 3日目

2日目からの続き)

この日は1日目ほどではないにせよ暑い日だった。

初動はA27a《猫禁猟区》。ええ私はみみすとですとも。40分ほどで新刊を入手。並んでる途中でA29ab《CUA A DASH!!/Blazer One》のスタッフTシャツが見えたんだけど,背中が300人のアレのネタで笑った。

東1の島中をCから順に。C31b《花苺》→C13b《CASCADE》。C47a《亜星建設はモンハン本。C49b《RINARINA→C5b《SECOND CRY》→E14a《Rico-ba》→L8a《LOVE CUBE.》。

そのまま東2へ。T58b《PGGでは杜菜りの氏にご挨拶。Z10a《CUTIE KIDS CLUBでは北条晶氏は離席中だった。Z24a《いちごさいず》。

次は大きく移動して東6。混雑をかき分けてシ17a《apricot+に到着したのが11時30分ちょい前。蒼樹うめ氏自身が最後尾列整理をしていた。記憶が曖昧だけど20分くらいで新刊を入手できたはず。そのままお隣のシ17b《MATSUDASTYLEでも新刊を入手。こちらは列無し。

次は東6の島中へ。テ23a《au pied》→タ53a《Berry Potion》。そのまま東5へ。東ノ43a《ねこおせ》。

ここで大きく移動して東4の壁。シ87a《こもれびのーとに到着したのは12時ちょい過ぎ。既に新刊が完売していてポストカードを配っていたのでそれだけもらった。後からサイトで確認したらわさび本じゃなかったのでよしとする。シ79a《CANCER.O2ではぱれっとパロディ本などを入手。

次は東45の島中を4→5の順に。リ08b《strawberry float》。リ11b《BLACKLIST NO.1はヒメプリ続編。リ12a《シャカリキマセラ》。リ13a《Chiharoomはときもも再録本。リ13b《渚のハイカラ金魚》。リ25b《八卦電影城ブラッドの4コマの人。かがみん本を入手。リ31b《BAMBOO SYSTEM》。リ31a《ちは屋はペンギン第3弾。ヨ31a《すこやかペンギン》。ム31b《猫が行く色紙企画は既に終了。スク水覚えて来たのにー。mirvさんによれば,10時32分の時点で既に終了してたらしい。ミ30b《Northern House》は新刊売り切れ。東マ19b《SYSTEM HEAVENは商業再録本。ノ29a《付和雷堂》。ポ12b《4研》ではサークル主宰の方としばし雑談。よんこま小町に向けてのネタとインスピレーションを頂く。

次は西へ。着いたのは13時30分くらいだったかな? に19b《さるさるの惑星が既に撤収していて大ショック。@++さんによれば,12時30分の時点で既に撤収していたらしい。

あとは創作少女スペースの壁をひと通り。あ67b《ぽこぺん、ぽこぺん→あ64b《RAIBOWCAFE》→あ05b《すあまフレンズ》。あ06b《くれすBOOKSは撤収済み? あ10a《ぴよぷー本舗あ18a《にんじん隊オリジナルあ16a《渚宮では「GO!GO!ガールズライフ」以外の商業再録誌が既に売り切れていてショック。通販も可能ということだったのでお願いした。

あとは島中の創作少女。い10b《天然同盟》→き16a《ここあほうる》→き28a《たまご屋》。

ここで仲間と合流して荷物を預かってもらって,回り忘れに気づいた東3へ。ケ31a《餅助のぴよぴよ再録本はまだ残っていてよかったー。

さらにまだ回ってないサークルを厳選して巡回。I21b《へぐり村役場はアグリアス本。売り子さんがオオカミのお父さんにそっくりだった。X54a《まいたけ企画はぱわ4再録本。コケメンのスペース×4は体力切れでパスした。

再び西に戻って創作少女エリアを回る。新たな発見はほとんど無かった。というか途中で合流連絡が来て回る時間がほとんどなく,自分も体力的に限界だったのが原因。東の創作エリアもゆっくり回る時間がなかった。

新たなサークルを発見できなかったのは残念だったけど,巡回予定のサークルの本はほぼ入手できたので,戦果は上々と言ったところ……と思っていたのに,宿に帰ってリストを見直したり仲間の本を見せてもらったりしたら買い漏らしがかなりあったことに気づく orz

買い漏らしリストに続く)

コミックマーケット72 2日目

1日目からの続き)

昨日とはうって変わって涼しい日。絶好のコンディション。

初動はいつものようにA58ab《CHRONOLOG/ふるり。。40分ほどで新刊セットを入手。グッズのタンブラーは既に売り切れ。銀魂本のゲストには目当ての人がいなかった。

この列で待ってる間はmirvさんとTwitterでチャット。話ではT31a《サルフォカゴスでは開場からサインや色紙やスケブを頼む人が多かったらしい。最終的にはざっと50冊だったとか。終わって次へ移動する時に列からmirvさんを探してみたけど見つけられなかったので断念した。

東123→東4のガンガン系をまったり回って,東モ周辺の4コマ二次創作エリアへ。いろんな人に挨拶をしたり新刊を頂いたりチラシをもらったり。みなさん本当にありがとうございました。

東を一旦離脱して企業へ冷やかしに。441《まんがタイムきらら〈芳文社〉ではひだまりスケッチだけでなく教艦ASTROの抱き枕も売り切れてた。154《コミックハイ!はひとひらと女子高生の抱き枕を除きことごとく売り切れ。ひとひらファンブックについては記憶が曖昧。

西はスルーして再び4コマ二次創作エリアへ。モ12b《とりはる屋モ15b《妄文社で雑談。楽しいお話をありがとうございました。次は11月,大阪のよんこま小町で会いましょう。

3日目に続く)

コミックマーケット72 1日目

この日は朝から暑かった。

初動は東12壁を1→2の順に。チェックしたサークル数は片手で足りるほど。A48a《Angelophanyでは国擬人化本を入手。台湾は腐女子。

次は東56を5壁→5島中→6島中の順に。こちらもチェックしたサークルは両手をちょっと超えるくらい。

ひと通り終わったら東ネ周辺の音ゲーエリアへ。男女カプとギャグ系のサークルは全部見て回ったはず。好きなサイトのサークルの方にあいさつをしたりスケブをお願いしたり。

次は東123の島中を3→2→1。P09b《いわしの甘露煮はきまぐれストロベリー本。すいませんきまストどころか乙女ゲーをやったことがないけど作者買いしました。ホントすいません。この辺はジャンルがマッチしないのが心苦しい。C16a《甘空も覗いてみたけどやはりジャンルが……。ぬおお……。

スケブを回収した後に西1へ。れ24a《CMRでは期せずしてもえよんのララミー本を入手。れ40b《海賊帆船では「ご近所魔王。」再録本を入手。あとはモンハンスペースをひと通り。

企業ブースには12時過ぎに到着。441《まんがタイムきらら〈芳文社〉には列が全然無い。企画本2冊を入手。ひだまりスケッチの抱き枕は既に売り切れてた。日記と言うか雑記と言うか戯言。さんを読む限りでは,開場してすぐに売り切れてしまったらしい。あと,エプロンも売り物にしてくれればいいのにとか思った。

154《コミックハイ!も列無し。企画本『百合のコミックハイ!』『こどものコミックハイ!』とぽてまよ4コマ手ぬぐい2種を入手。こどものじかん関連商品がことごとく売り切れていた。分け売りもしないようだ。

351《一迅社もやっぱり列が無い。企画本『ぱれっとnano vol.1』『小百合姫 vol.2』を入手。「こゆりひめ」じゃなくて「さゆりひめ」だったんだ。

273《TBSアニメーション》ではひだまりスケッチ特別編のPVが6分に1分放映されていた。粗品的グッズも配ってたけど,ひだまりスケッチのサンバイザーは配っていなかったような。でも撤収時にドージンワークの紙袋の中にそれが入っていたから,芳文社のブースでも配ってたのかな。

企業出口の混雑に死にそうになりながら再び東123へ。東方やひぐらしを軽く見て回ったりしてみた。

撤収は14時。西2をすっかり忘れていたことに気づいたのは宿に帰ってからだった orz

2日目に続く)

芳文社『まんがタイムラブリー』2007年9月号

【ゲスト】円山あれん「美男子ごはん」
ラブリー7月号から連続ゲスト掲載中。理屈屋の長男,マイペースな次男,世話焼きの三男,そんな美男子三人兄弟。毎回兄弟のひとりにスポットを当てていて,今回は三男が主役。こういう,自分は控えめでその気はないのに,周囲の人々には評価が高くて予期しない影響を与えていくキャラって,好きだなあ。長男もそんなキャラで,先月号は彼にスポットが当たっていたような。だからこそ,次男に理が感じられないのが悲しい。こういうキャラと割り切って楽しむのがいいのかな。
しおやてるこ「レモネード」
ああ,これだ,こういう女の子同士。悩みと思いと想いを分かち合って男の子に向かっていく垢抜けない姿。こんな女の子を描ける人を,私はしおや氏以外に知らない。誰かいるのだろうか。
【ゲスト】真人「ナゾマチ365」
作者名は「まこと」。ずっと「まひと」だと思ってたよ……。ちょっと変わった人たちが住む,ある町の日常。理詰めとブラックユーモアと若干の言葉遊び,いろんなネタが代わる代わる繰り広げられ,そのどれもが楽しい。作品の舞台を「町」たらしめている町長(パグ)と秘書さんの存在も,スポットは強く当たらないけどさりげなく,しかし確実に効いてるよなあ。また読んでみたい。
【最終回】牛乳リンダ「おしえて先生!」
先月号で先生がヘタレイメージを払拭してくれたのは最終回フラグだったのか……。二人の通じ合った想いと,報われなかった多くの想い,そのどちらにも筆者は優しいなあと感じた。作品全体では,後半の徹底したストーリー展開に惹かれたなあ。その中でもやっぱり先月号の話が好きだ。あのかっこいい先生のキャラクターを念頭にこの作品を読み返したら,また違う面白さがあるかもしれない。というわけで単行本2巻出てください。いい作品でした。

竹書房『まんがライフオリジナル』2007年9月号

小冊子『中間管理職刑事2007』が付録。この作品ってそのうちに単行本化されるのかな?

【ゲスト】吉川景都「私のお姫さま」
両親を亡くしたお嬢様と,その後見人でグラサンでお嬢様ラブな弁護士の男の話。男に双子のメイドさんが黒いツッコミ,そしてお嬢様はいつも平然。タイスペの「24時間サンシャイン!」と比べて暴走が管理されてる感じだなあ。こちらの作品の方が個人的には好きだ。また読んでみたい。

芳文社『まんがタイムきらら』2007年9月号

玉岡かがり「ダブルナイト」
トイレと着替え。くそう,性ギャップものの王道ネタを持って来やがるぜ……。男の子もときめかせてしまうユキちゃんはずるい。不覚にもときめいた。
【新連載】月見里中「さくらりちぇっと」
親元を離れてやってきた転校生・桜。彼女の部屋は新しい友達と楽しく話せる,彼女たちの秘密基地,という感じの話。キャラ紹介も控えめに初回から飛ばしてるなあ。タイトル通り,桜の部屋という閉鎖系で話を作ってくれるんでしょうか。あとリボン耳っ娘の桜がグッド。
荒井チェリー「三者三葉」
照りん&西山さん……! この二人がペアってだけでわくわくしてきたぞ! 次号,動物タウン編へ続く。
【ゲスト】やまぶき綾「Honey×Honey×Honey」「今日も使い魔日和」
「Honey~」はきらら6月号から再登場。プリンスな女の子と女の子みたいな男の子。茶化されて顔を赤くする女の子も,積極的に迫る男の子も,どちらも可愛いすぎて抗えないよ……! もっと読みたいなあ。「ダブルナイト」と被るなら他誌でいいから。
「今日も~」は新作。使い魔として魔法使いと契約されてしまった普通の女の子の話。でも魔法使いはツンデレじゃないよ! 見た目はかっこいい男の使い魔くんが登場したり,コマ内にトーンやハートがちりばめられていたりと,話的にも文法的にも少女ちっくで,波長が合ってしまった。こちらもまた読んでみたい。
【最終回】神崎りゅう子「start from レベルワン」
神崎氏,芳文社誌でのお仕事の締め。打ち切り感は否めないけど,とっくにゼロよ!が見られたからいいや。そもそもこういうゲーム(?)ネタが面白い作品だったじゃないか。今後はぱれっとでの活躍を期待。

芳文社『まんがタイム』2007年9月号

かがみふみを「アシスタント!!」
修羅場と有希ちゃん。先生の賞賛の言葉はないけど,有希ちゃんの成長を確かに見せてくれる話だった。これが修羅場効果?
森ゆきなつ「タマさん」
ちょっと昔のタマさん一家。しんみりした話がすーっと入ってくる。これはきっと笑顔の力。最後の二本の横に並んだ二つの笑顔とか,もうね。あとあねっこないもうとさんはどこかで再登場して欲しい。
【新人企画】新人大競演 テーマ「小さな冒険」
メグ氏は奥様の冒険。単純に読みやすかった。あと俺は若(作りの)奥様が好きすぎる。

双葉社『まんがタウン』2007年9月号

むんこ「はいぱー少女ウッキー!」次号から休載

たかまつやよい「はるうらら」
うらら,昇格試験に挑む。パパの親バカパートとうららの成長パート,両方できっちり見せてくれるなあ。
樹るう「そんな2人のMyホーム」
プール。肩甲骨を主張するお嬢ちゃんが素敵。舞さんと宅配便のお兄さんの過去にも注目してみたり。

上記作品に限らず,いくつかの作品でちょこちょこと展開があるなあ。変化があるのはいいことだ。

芳文社『まんがタイムジャンボ』2007年9月号

田川ちょこ「ひかるファンファーレ」
先月号からの連載作品。ちんまい子が大きいものを持っている姿が可愛いという感情はどこから来るものなんでしょう。音楽って楽器だけじゃなく,ケースとかスコアとか,ネタの素は色々あるんだなあ。
【ゲスト】津嶋やすひろ「放課後必修倶楽部」
第1回まんがタイム新人4コマまんが大賞に最終選考まで残った津嶋氏が登場。映研の大学生たちの日常。快活&おしとやかな二人の女の子による,それぞれのキャラでもっての掛け合いが楽しい。個人的には,そこに男の子が適宜絡んでるところが高ポイント。実力派という印象。
【D1連載(3/3)】かわぐちけい「ふかふか」
これで集中連載も終わっちゃうのかー。お姉ちゃんの視点から描かれる,「おばさん」と甥っ子という関係性が心地良い作品だった。母性をくすぐられるってこういうことかな? 気張らず読めるところも私にとってはちょうどよかった。また登場して欲しいなあ。

竹書房『まんがくらぶ』2007年9月号

古きと新しきが同居するこの雑誌の秩序については近いうちに考察したい。

業田良家「新・自虐の詩」
「向こう岸」の世界が存在感を増し,ロボットの小雪の「感情」にも変化が。このふたつをどう混ぜて絡めてくるんだろう。
【ゲスト】ワカマツアツト「はずかし☆うい子さん」
ライフ9月号に続きゲスト掲載。恥ずかしがりな転校生・うい子さんと,隣の席の男の子の日常。小動物的な可愛さと,恥ずかしがりゆえの滑稽さを兼ね備えたうい子さん。男の子の視点から描かれる彼女のキャラが可愛らしい。赤面は強し。また読みたい。
ふくた伊佐央コンビニ番町
先月号からの連載作。読み方がつかめてきた。ÖYSTER氏の作品に似て,シュールさとハッタリで見せてくれる作品だ。番長君の行動が予期せぬ良い結果をもたらす,的なネタが好きだなあ。

芳文社『まんがホーム』2007年9月号

安堂友子「天子様が来る!」
乳製品の精,小夢ちゃんが新登場。未熟ゆえに願い事をハンパにしか叶えられない子……のようで,これはどう見ても狙ってやってるぜ……! かしましフェアリーズに負けない性質の悪さで楽しませてくれる。
宮原るり「恋愛ラボ」
,元(真?)・会長と会計。意気込んでいるようで自滅している滑稽さよ。
豊田アキヒロ「てんたま。」
プール。相変わらずふたはは彼女だけで魅せてくれる。水着姿にもじもじする姿とか卑怯だ……! そりゃ仏頂面のそーやくんだってゆで上がりますよ。
八木ゆかり「ハイファイブ!」
扉絵,花のホルンに目を引かれる。本編はなかなか音楽をしない,と言うか,できない音楽愛好会の面々。音楽してない音楽4コマってどうよ? と思うこともあるけれど,これはこれで。
【ゲスト】土家千明「さくらんぼほーむ」
エールVOL.1や新人ページにちょくちょく登場している作品がゲストで登場。忙しい母,母代わりの姉,姉を慕う妹,そんな3人家族。飛び交う書き文字とハート,そしてコロコロ変わるキャラの表情が,子供の騒がしさのような楽しさを感じさせてくれる。もっと読みたい。

芳文社『まんがタイムきららキャラット』2007年9月号

蒼樹うめ「ひだまりスケッチ」
今更だけど宮ちゃんが可愛くてしょうがない。このおバカさは卑怯だ……!
【ゲスト】霜田宰「FOOL×2」
ちょっと前からきららやキャラットにゲスト掲載されてる作品。すいません設定とか全然読み込めてません。霜田氏は結構前から非きらら系列誌に何度か登場してるけど,最近はキャラの表情が楽しくなってきてるなあ。
【ゲスト】都桜和「うらバン!~浦和泉高等学校吹奏楽部~」
先月号に続きゲスト。ノーマル・おバカ・クールの3人組って何でこんなにバランスいいんでしょう。ジャンボ連載の田川ちょこ「ひかるファンファーレ」と同じく,こちらもちんまい子がチューバ。小さい体で大きな楽器を抱きかかえてる姿が愛らしいなあ……。次号もゲスト掲載。

むんこ氏の雑誌休載が相次いでいる

今日発売の竹書房『まんがくらぶ』9月号および双葉社『まんがタウン』9月号によれば,各誌次号からむんこ氏の連載作品「まい・ほーむ」「はいぱー少女ウッキー!」が休載に入る模様。

むんこ氏はしばらく前から,雑誌での休載や連載休止がちょこちょこ出るようになっていた。6月発売の芳文社『まんがタイムオリジナル』8月号の「らいか・デイズ」は過去の作品が再掲され,7月発売の芳文社『まんがタイム』9月号からは「だって愛してる」が長期休載に入った。

そしてタウン9月号には,休載の理由をそれとなく示すむんこ氏の1ページが掲載されている。ネタバレ注意。

よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。