2006年02月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海藍「特ダネ三面キャプターズ」1巻

海藍「特ダネ三面キャプターズ」1巻

はじめはひとりの同好会だった

名簿の名前がひとり増え またひとり またひとり増え

みずほ「…それに比例して発行禁止もどんどん増え…………」

たから「…だから隔離されたのよ」

(海藍「特ダネ三面キャプターズ」1巻 p.4 「責任感の分散により」より)

『まんがタイムラブリー』で連載され、現在は休載中の4コマ漫画。ある高校の新聞部の生徒たちの日常を描いた作品。

読み進めていくうちに思ったのが「ああ、やっぱり海藍氏はすごいなあ」ということ。雑誌での連載を途中からしか読んでいない自分にとってはほとんどの話が初見だったけど、すらすらと読めていくし、面白い。「トリコロ」長期休載や『電撃大王』への移転などの騒動はあったけど、作品の方はきっちりといいものを描くなあと思った。

最初の話と最後の話が2年間分離れていることもあって、絵やセリフの量が結構違っていることが分かる。セリフについては、自分としては前半の話のように少なめな方が、さらっと読めて嬉しいなと思う。セリフの物量で攻める4コマは、最近だときらら系三誌合同新人発掘企画「きらスタ」に登場している里好「うぃずりず」を思い出すんだけど、これが4コマ系ブログでかなりの好評を得ていることが面白いなと思う。それを見てると、なかなか適応できない自分を自覚したり…。

海藍氏の「トリコロ」は『まんがタイムきらら』から『電撃大王』に移籍し、4月発売号から連載再開予定。また「特ダネ三面キャプターズ」も、同時期に『まんがタイムラブリー』で連載再開予定。ファン待望の両作品の連載再開に、4月は目が離せない月になる予感。

関連リンク

スポンサーサイト

藤凪かおる「ひめくらす」1巻

藤凪かおる「ひめくらす」1巻

葵「朝 男の人に会った場合ってどう挨拶すればいいのかな?」

カコ「どうって…」

みなみ「普通に『おはよう』でいいんじゃない?」

葵「それじゃ女の子と同じじゃ…」

みなみ「『おいっス』とでも言っとけば」

(藤凪かおる「ひめくらす」1巻 p.11 「♂語を学ぼう!」より)

『まんがタイムきららキャラット』で連載中の4コマ漫画。小中高と女子校通いで、男の子に全く免疫がない女の子・葵。憧れの共学校に転校してきたのはいいが、生徒はほとんど男子で学校生活も一苦労。女子クラスに入った葵は、クラスメイトのカコとみなみに助けられつつ、男性恐怖症を克服しようとする。そこに葵のことが好きな男子・直江くんも現れて…、という感じの話。

葵たちが巻き起こすハプニングに直江君が巻き込まれるような形で話は展開。女子三人組のバランスもさることながら、何があっても葵にベタ惚れな直江君の姿が面白いなと思う。直江君が顔に似合わず変態チックなところも面白い。

藤凪氏は「ひめくらす」以外にも以下の作品を連載中。さらなる活躍に期待。

タイトル連載誌出版社
Boy'sたいむまんがタイムジャンボ芳文社
パニクリぐらし☆まんがタイムラブリー芳文社
さくら満開! あかり組まんがライフMOMO竹書房

関連リンク

『まんがタイムきららキャラット』2006年4月号

荒井チェリー「三者三葉」
照と猫談議を弾ませる西山さん。いつもはライバルなだけに不思議な感じ。
神堂あらし「ご奉仕! すずらん組」
「バカなことを真面目にやる」を地で行く漫画だと思う。ミス・メイドマスターことエツコ=カセイフとかそれでいてお触りナシだなんて…とか、所々で出る味のあるセリフも面白い。
門瀬粗「とらぶるクリック!!」
回転寿司の機械は爆発しないのかという野暮なことは言うまい。よくある光景なのに、彼女たちだと妙に楽しい。

私屋カヲル「少年三白眼」2巻

私屋カヲル「少年三白眼」2巻

お… お父さんが… グーでぶった…

今までパーでぶったことはあっても… グーでぶったのは初めてだ!!

(私屋カヲル「少年三白眼」2巻 p.36より)

1991年10月から小学館『別冊少女コミック』にて1992年に小学館『別冊少女コミック』にて連載されていたストーリー漫画の単行本。竹書房からの新装版はこれが二冊目。三白眼の少年・阿久津ヒロムの、目つきの悪さゆえの不幸な学校生活を描いた作品。単行本2巻は描き下ろしとして「ビタワン仮面特別編~お母さんやめて~」を収録。

2巻は1巻から話の幅が広がっていて、さらに面白い。クラス替えで友達と離れ離れになってしまうことを嘆くヒロム。X-MENのサイクロプスのごとき目力を発揮するヒロム。学園祭の演劇にビタワンのマスコット犬のお面をつけて登場するヒロムのクラス。読み進めていくと、この漫画がどんどんはちゃめちゃになっていくのが分かる。それでもこの漫画が暴走しないのは、ヒロムの友達思いで親思いなキャラクターがあって、そこから生まれる話がバランスを取っているのからだと思う。

しかし、描き下ろし漫画のタイトル「ビタワン仮面特別編~お母さんやめて~」は、一目見ただけで笑ってしまった。ヒロムの母のキャラクターが自分の中にそれだけ強烈に印象付けられていたということかもしれない。そういえば表紙もヒロムの母だ。

3巻は3月27日に発売。1巻から3巻の帯についている応募券を集めると、抽選でイヌッパナTシャツが当たるプレゼント企画あり。また、4月8日には3巻発売を記念したサイン会がとらのあな名古屋店にて開催。詳細は現在とらのあなの無料情報誌『とらだよ。』61号を参照。自分は地元なのでぜひ行こうと思う。

関連リンク

追記(2006-04-15 22:42)

掲載誌の誤りを修正。

野々原ちき『そらのひとひら(1)』/ガンガンWINGコミックス/スクウェア・エニックス

野々原ちき『そらのひとひら(1)』

僕と彼女はいわゆる恋愛関係ではありません

研究者と 被験者です

野々原ちき『そらのひとひら(1)』 pp.82-83 「はいスタート!」

野々原ちき「そらのひとひら」は,スクウェア・エニックス『ガンガンWING』で連載中のストーリー漫画。地味で卑屈な少年・大隈君は、体が宙に浮いてしまう特異体質の持ち主。体質のことを隠しながら学校生活を送る彼に対して、彼にとっては高嶺の花であるクラスメイトの美少女・春賀はなぜか優しく接してくれる。しかし、そんな春賀から大隈君に向けられた言葉は「大隅君のこと観察させてね」だった。そして、彼の特異体質は、天文部(=宇宙人研究部)の連中にばれてしまって、彼はやっかいごとに巻き込まれてしまう、という感じの話。

単行本1巻はWINGに掲載された番外編4コマを二本収録し、カバー裏にも大隅君4コマあり。また、とらのあなとアニメイトでは現在フェアを開催中。

WINGでの連載は現在休止中で、現在のストーリーはこの単行本分まで。ストーリーの進み方がゆっくりなこともあって、まだこれといって大きな展開はないような感じ。今後は天文部(=宇宙人研究部)に拉致られ強制的に入部させられた大隈君と、彼のことを宇宙人かと怪しむ天文部がどう動いていくのかに期待。

野々原ちき氏は現在、『まんがタイムきらら』にて「姉妹の方程式」を連載中。また、3月23日創刊の『まんがタイムきららフォワード』から新連載を開始。WINGでの休載が続いている現状を思うと不安を感じなくもないけど、一読者としては多くの作品が読みたいなあと思う。

『まんがライフMOMO』2006年4月号

ももせたまみ「せんせいのお時間」は、作者産休のためしばらく休載。

【ゲスト】山口舞子「カギっこ」
「もうすこしがんばりましょう」の山口氏が登場。鍵っ子の女の子とその母親の話。このほのぼのさと可愛さは素晴らしい。破壊力が大きすぎる。よし、連載化希望のアンケートを送ろう。
【企画】第2回まんがライフMOMO新人4コマバトル!! 予選
5名がエントリー。いのうえ義成「ヒメコロ」はぬいぐるみ屋の女性店員の話。これはいいツンデレだ。しかもそれがちゃんとギャグになってる。鮭川夕人「保健室のS子先生」は『MOMO』2006年2月号にも登場してたなあ。期待の方。ぢゅん「エールの嵐!」は小宮山ぢゅん氏と同一人物か。個人的にはいのうえ氏と鮭川氏をプッシュ…って、ひとりしか選べないのか。迷いどころだ。来月号は誰が登場するのか。
山名沢湖「レモネードBOOKS」
確か日本十進分類法って言うんだっけ。自分は5類君になるのかな。サイン会は3月11日にとらのあななんば2号店にて開催。詳細はとらのあなのサイン会告知ページを参照。自分は電話で予約済み。当日が楽しみだ。

『まんがタイムオリジナル』2006年4月号

安堂友子「開運貴婦人マダム・パープル」
相変わらずの面白さ。たまに出てくるスケールがでかいエピソードが、一見しただけではうさんくそうなマダムのキャラをがっちりと支えているのかなあと思った。
【ゲスト】ヤマダリツコ「GREEN APPLE 15」
久々の登場。自分に真っ直ぐな人間はかっこいいなと思う。
速水ちひろ「どたばたハイスクール」
携帯電話から部屋のエアコンをオン! なんてことが本当にできるらしい。技術は進歩してるなあ。

『まんがタイムコレクション おーはしるいコレクション』

おーはしるいコレクション。「夫婦な生活」「会計チーフはゆーうつ」「ふー are you!」他、チーフ番外編「ゆきちゃんとヒロくん」や、過去のおーはしるいコレクションの表紙一覧企画など。

『タイコレ』は再録が大半を占めてるので、常日頃4コマ誌で追っている人間にとってはちょっと満足感が足りないなあと思った。同じ作家特集系の雑誌でも、竹書房の『まんがライフセレクション』は、ゲスト作品に新作が多いから結構嬉しかったり。この辺は出版社の方向性の違いなのかな。

『まんがライフセレクション 大井昌和スペシャル』

今月号は大井昌和スペシャル。「ちいちゃんのおしながき」「いつもいっしょに」や、ちいちゃん番外編「三葉のおもいで酒」、大井氏のエッセイ4コマ「理屈バカ一代」を収録。

吉田美紀子「裸眼でGO! 番外編」
本編の主人公・佐藤みずきの幼少時代編。みずきは小さい頃は近眼じゃなかったけど、パパとママが近眼だったという話。次回番外編はみずきが近眼になってしまった過程の話を希望。
藤凪かおる「たなぼた」
宝くじが当たってしまった貧乏一家の話。藤凪氏はこういうファミリーものも描けるのか、と思った矢先に「パニクリぐらし☆」を思い出した。あれも一種のファミリーものか。だけどちょっと方向性が違うような。
竹林げつ「くじら湯繁盛記」
銭湯の看板娘の話。竹林氏の4コマには不思議なノリを感じる。「準備OK!」の一本なんか特に。とらのあなでは、先日のコミティアで頒布された竹林氏の同人誌『みぞれの夏休み~零夏~弐』が発売中。

来月号はむんこスペシャル。発売は3月25日。「がんばれ! メメ子ちゃん」がメインの他、同人誌発表作品「ぴたんと」などを収録。

富永ゆかり「かなり*ハッピー!!」1巻

富永ゆかり「かなり*ハッピー!!」1巻

課長「キミのこれまでミスした書類を タテにつみ上げると 富士山と同じ高さになるんじゃないか」

かなり「そんなっ!! いくらなんでも まだ7合目くらいですよ!!」

(富永ゆかり「かなり*ハッピー!!」1巻 p.74 「前人未踏」より)

『まんがタウン』で連載中の4コマ漫画。ミスを連発するOL・三沢香実(かなり)と、かなりのミスに心が休まらない課長。彼女と彼が勤める会社の日常を描いた作品。

単行本1巻は、2000年末から2004年8月号までの4年半の間に雑誌で掲載された話を選り抜いて収録。掲載された全ての話が収録されていないのが残念。今後も単行本が出るのならば、今回収録されなかった話を収録して欲しいと思うけど、無理かなあ…。

内容はダメ部下vs上司という古典的なもの。しかしギャグは分かりやすく絵も可愛らしくて、読みやすい作品。どこか憎めないかなりのキャラも見ていて楽しい。安定した良作だと思う。

富永氏は『まんがタウンオリジナル』でも「すてきなムコさま」を連載中。今後のさらなる活躍を期待。

関連リンク

荒井チェリー「ワンダフルデイズ」1巻

荒井チェリー「ワンダフルデイズ」1巻

薫「育ってるせいかさー おかげで座敷童子の効果少ないんだよね 富とか繁栄とかいうやつ」

壱「でも小粒な幸せは多いよ お年玉つき年賀で切手シートがたくさんあたるとかさ」

さち「すっすごい事じゃないですかー!! わっ私今まで一度も当たった事ありませんーっ」

壱「そ…そうなの!?」

(荒井チェリー「ワンダフルデイズ」1巻 p.12より)

『まんがタイムきららMAX』で連載中の4コマ漫画。何かと不幸やら霊やらを呼び寄せてしまう主人公・金子さち。彼女が新しく引っ越してきたアパートの部屋には、大人になってしまった座敷童子・壱が住み着いていた。そして何の因果か、さちは壱と同居することになってしまった、という話。単行本1巻の描き下ろしは金子家の大家族の話。カバー裏にはアパートの大家・岡田薫の少年時代4コマ漫画。

座敷童子以外にも、戦闘能力が妙に高い狼女(犬女)、外見は小学生だが人生経験豊富な雪女、気弱だけど脱いだらすごい(らしい)ろくろ首、恋に熱しやすく冷めやすい猫又と、個性的な妖怪だらけのこのアパート。これらのキャラの魅力もさることながら、キャラと密接に結びつけられたギャグも面白い。

荒井氏は現在、『まんがタイムきらら』と『まんがタイムきららキャラット』にて「三者三葉」を連載中。また、3月23日に創刊のストーリー漫画雑誌『まんがタイムきららフォワード』にも執筆予定。『まんがタイム』で連載されていた「ゆかにっし」と、 『まんがホーム』で連載されていた「みおにっき」も単行本化の予定。今後も荒井氏には要注目。

関連リンク

『コミックハイ!』VOL.11

【新連載】山名沢湖「つぶらら」
今度はトコトンひとりの少女を描きます!! ということで新連載。高校生活にうまく馴染めないクールビューティー少女。そんな彼女の楽しみは人気女性アイドルグループが出演するテレビ番組。しかし彼女はテレビを壊してしまって…、という話。ひとことで言うと山名氏っぽくない作品。形式もストーリーだし。でもこれはこれで今後が楽しみ。山名氏の単行本「でりつま」の発売を記念したサイン会は3月11日にとらのあななんば1号店にて開催。整理券などの詳細はとらのあなのサイン会情報を。
【最終回】かがみふみを「ちまちま♥」
最後まで初々しい二人。このピュアさがたまらなく好きだった。少女漫画には詳しくないからよく分からないけど、こういう作品がいわゆる「男性向け少女漫画」なんじゃないかなあと思った。単行本は4月12日に発売。
私屋カヲル「こどものじかん」
1ページ目が強烈。襲おうとしているようにしか見えない。ストーリーの方は、レイジとりんママのシリアスな過去という展開に。エロとストーリーの素晴らしい両立。いい漫画だなあ。

『まんがタイムスペシャル』2006年4月号

渡辺純子「5-A」
なぜ先生の反復横とびを見せてくれないんだー。あと二ノ宮君の俺が興味があるのは先生の薄着だけだ!! のセリフに吹いた。顔に似合わず突き抜けてるなあ。
オザキミカ「だてまき。」
バイアスかかりまくりかもしれないけど、安定してるなあと思う。肩を張らずに読めるのはいいことだ。来月号は目次4コマの「意気揚々」と合わせて二本立て。
【ゲスト】みつき和美「ゴースト×ハプニング」
『まんがタウンオリジナル』2006年4月号で「カラフル☆エリちゃん」がゲスト掲載されたみつき氏が登場。霊が見えてしまうOLの話。「エリちゃん」の方は最初の一本で振り切られたけど、こちらは読みやすかった。霊を恐がらずに明るくつきあってるところエリちゃんが高ポイント。これは期待。

『まんがタウンオリジナル』2006年4月号

重野なおき「うちの大家族」
みゆ美の妄想が過激になってきてるなあ。単行本3巻は4月12日に発売。
富永ゆかり「すてきなムコさま」
最近はさやかもお父さんもキャラが丸くなったような気がする。早く単行本2巻が出ないかな。
たかまつやよい「はるうらら」
平田の すごい勘違い。今後は平田の絡みが増えるのかな。

『まんがくらぶオリジナル』2006年4月号

小坂俊史「やまいだれ【疒】」
日常によくあることを小難しい病気にしちゃう所が面白い。花粉症のネタは小坂氏らしからぬネタ。エロマンガならよそでやって下さいよは自分自身に対するツッコミ?
【ゲスト】久保田順子「おかみな彼女」
旅館の女将の話。久保田氏は竹書房では初登場なのかな? がっかりだねの一本は、確かにちょっとがっかり。ドジな姿はいいけど、こういう姿はなんだかなあ。
いでえいじ「ぽけっとタマちゃん」
ホントにクリりてェのは そんなとこじゃねェだろ? 吹いた。この二人の突き抜けぶりが面白い。
【企画】第10回新人4コマフェスティバル
決勝戦。蔦谷とばり「まるっと。」あらい・まりこ「東京眼鏡~ハイスクールすれ違い白書~」がエントリー。これはいい勝負だ。個人的には「まるっと。」の方をプッシュ。

『まんがタイムきららMAX』2006年4月号

【二本立て】白雪しおん「レンタルきゅーと」「にこプリトランス」
「レンタルきゅーと」は久々の登場。白雪氏の作品はそろそろ単行本化されてもいいんじゃなかろうか。
【新連載】神武ひろよし「ファンブルスター」
ファンタジーもの。武器家のジジイとその孫の話。純粋にファンタジーストーリーになりそうな予感。期待。
【ゲスト】南雲遥「なつき奇談」
『もえよん』2005年7月号にて「フェルマーの恩返し」が掲載された南雲氏が登場。突然体が子供になってしまった兄と、その妹の話。設定は変わってるけど、恥ずかしさとエロさに惚れた。再登場に期待。
【きらスタ】里好「うぃずりず」
今回も振り切られた。この漫画の読み方が全く分からない…。

『まんがタイムファミリー』2006年4月号

野広実由「パティシエール!」
姉御以外のキャラも増えて、ネタの幅が広がってきたような気が。
久保田順子「おこしやす」
安定して面白い。『ファミリー』の中でも結構華のある作品だなあとも思ったり。上の「パティシエール!」とともに、『ファミリー』の中で単行本化を期待する作品。
たかまつやよい「ペットショップライム」
あれ、いつもと舞台も展開も違う…って、夢オチか!

『まんがライフ』2006年4月号

神仙寺瑛「動物のおしゃべり♥」
雑誌のリニューアルに伴い、来月号から表紙に。この出世ぶりはすごいなあ。そして今年は擬人化が来る! …と妄想してみる。
【集中連載(1/3)】竹林げつ「およめに鬼嫁」
『まんがライフ』2006年1月号でのゲスト作品が再登場。この奥さん、鬼嫁ってほど恐くない気がするけど、それが読んでて安心する。
【ゲスト】ボンボヤージュ「ボンジロウは見た!!」
ちびギャラシリーズでおなじみのボン氏が、猫のボンジロウとともに登場。ボン氏のキャラはいつ見ても可愛いなあ。ただ、ボンジロウ以外のキャラも登場して欲しかったなとも思ったり。

『まんがタイムラブリー』2006年3月号

最近は漫画を買うのはいいけど消化し切れてない状況。来週にならないとまとまった時間が作れなさそう…。とりあえず積み消化。

【新連載】弓長九天「あさぎちゃんクライシス」
ゲストから連載に。「さゆリン」や「ごきげん! カノコさん」では女性が不思議キャラだけど、この作品では男性が不思議キャラ。なに? そんなにお尻が恋しいの? のセリフとかに素敵さを感じる。
栗川明子「ふろ~りすと・ふきた」
絵といい萌衣のキャラといい、このほわほわ感はツボに入った。でも3ページって少っ。
おーはしるい「会計チーフはゆーうつ」
いつになったらこの二人はくっつくんだー。いや、なかなか仲が進展しないところがこの二人らしくていいのかもしれない。

山名沢湖「レモネードBOOKS」1巻

山名沢湖「レモネードBOOKS」1巻

「お守り」だとか「ふっきる」だとか 岩田君の笑顔を見たらどうでもよくなった

2年間ページをめくられなかった本 でも 本って読まれるためにあるんだよね だからボロボロだったんだもんね

(山名沢湖「レモネードBOOKS」1巻 p.19 「扉を開けて」より)

『まんがライフMOMO』で連載中のショート漫画。読書好き(というか読書オタク)の彼氏・岩田君と、その彼女・森沢可奈の、本に囲まれた日常を描いた作品。単行本1巻には読み切り時代の作品「古本とレモネード」を収録。ゲストは新井葉月氏と犬上すくね氏。

本にまつわるふわふわで妄想爆発なエピソード、そしてキャラたちの詩的なセリフの数々には、もう胸キュン(死語?)の一言。図書館や栞などの本に関連するものを題材にしたエピソードばかりで、本好きにとっては共感するものも多いんじゃないかなと。各話のタイトルが本のタイトルから取られているところもにくい。

山名氏は2月22日発売の『コミックハイ!』から「つぶらら」を新連載。また、2月25日には、単行本「でりつま」が発売。「でりつま」は「委員長お手をどうぞ」2巻、「レモネードBOOKS」1巻と続いた山名沢湖3冊祭を締めくくる1冊。3冊全ての購入者には山名氏特製ポストカードが当たるプレゼント企画あり。

3月11日には「でりつま」発売を記念した山名氏のサイン会がとらのあななんば2号店で開催。整理券配布は2月25日からとらのあななんば1号店にて。電話予約もあり。詳しくは竹書房のイベント情報を参照。

私屋カヲル「少年三白眼」1巻

私屋カヲル「少年三白眼」1巻

ボクはまた転校した

前の学校でもその前の学校でもその前の前の学校でも… ボクには友人ができなかったのだ…

なぜなら――

(私屋カヲル「少年三白眼」1巻 pp.8-9より)

1991年に小学館『別冊少女コミック』にて連載されていたストーリー漫画の単行本。以前にも小学館からフラワーコミックスとして単行本が出ていたが、この度竹書房から新装版として再登場。ちなみに、「三白眼」の読みは「さんぱくがん」。ずっと「さんびゃくがん」って読んでた…。

その目付きの悪さが原因で不幸な学校生活を送る少年・阿久津ヒロム。彼の夢は、外見で人を判断することがない世の中。そこで彼は、相手の気持ちを知るための機械「イヌッパナ」を作り始めるが…、という感じの話。単行本1巻には、同じく『別冊少女コミック』に掲載された「当世幽霊気質」「MaMa」と書き下ろし4コマも収録。私屋氏の単行本「ちびとぼく」6巻とのコラボプレゼント企画あり。

本編の絵と描き下ろしの絵とを見比べると、そのあまりの違いに驚き。本当に同一人物が描いたのかと思いたくなってしまう。14年も経つと絵はこんなにも変わってしまうんだなあ…。内容の方はギャグ漫画。自虐的なヒロムと、ヒロムを支える父母との微妙にすれ違った掛け合いが面白い。これも現在の「ちびとぼく」や「こどものじかん」とはまた違った面白さ。

2月27日には第2巻が、3月27日には第3巻が発売予定。3巻とも全て購入すると、「イヌッパナTシャツ」が当たるプレゼント企画あり。

私屋カヲル「ちびとぼく」6巻

私屋カヲル「ちびとぼく」6巻

「ちびとぼく」6巻を、お読み頂きありがとうございました! 予定としては全10巻で完結のつもりなので、ちょうどこの巻から後半戦。

(私屋カヲル「ちびとぼく」6巻 p.130 「あとがき」より)

『まんがくらぶ』と『まんがライフオリジナル』で連載中の4コマ漫画。公家眉猫・ちびと、ちびを溺愛する少年・桃井ケンジ、およびその家族や周囲の人や猫の日常を描いた作品。単行本6巻のゲストは秋月りす氏。私屋氏の単行本「少年三白眼」1巻とのコラボプレゼント企画あり。

とにかくセリフの量が少ないことに驚き。絵だけで状況をほとんど説明しているのはスゴイの一言。この分かりやすさが自分には向いているのかもしれない。あとがきによると、単行本は10巻で完結予定とのこと。「あと4巻しかないのか」と思うより「あと4巻も楽しめる」と思って、今後の連載や単行本も楽しむことにします。

6巻では郵貯の男とばるたんのエピソードが盛りだくさん。アパートの大家にばるたんを飼っている事がばれないようにあれこれと手を尽くす郵貯の男が面白い。そんな郵貯の男について、私屋氏は後書きでこう言及。

そして個人的お気に入りキャラの郵貯の男ですが、なにやら郵政民営化で、数年後には郵貯が廃止されるとかされないとか…(汗)。

どうなるんでしょう郵貯の男。

(私屋カヲル「ちびとぼく」6巻 p.131 「あとがき」より)

『まんがくらぶ』の連載の方では、郵貯の男とばるたんに別れの時が!? というようなエピソードもあったりで、今後の一人と一匹はどうなってしまうのかが気になるところ。ハッピーエンドになるといいなあ。

「発売日・イベント予定日」を追加

既に気づいている方も多いと思われますが、ブログの柱に「発売日・イベント開催日」を追加しました。今日から3日後までの4コマ関連の雑誌・単行本・イベント、現在開催中のイベント、ここ一週間の間に発売された雑誌・単行本などが表示されます。更新は随時行っていく予定です。どうぞご利用下さい。

3日後より先の予定は以下のリンクから見られます。

『まんがライフオリジナル』2006年3月号

重野なおき「GoodMorningティーチャー」と竹本泉「てけてけマイハート」のドラマCDは4月28日発売の模様。

【集中連載(2/3)】兼子亜弓「ウチの桃ちゃんてば!」
大食いの奥さんとその旦那さんの話。最後の一本が一番好き。大食い縛りでも結構ネタはあるもんだなあ。
【ゲスト】鮭川夕人「トリコの憂鬱」
ネガティブな彼女とポジティブな彼氏の話。涙する彼女の姿がいい。自虐ネタも面白い。鮭川氏は2月25日発売の『まんがライフセレクション 大井昌和スペシャル』にも掲載。
犬上すくね「ういうい♥days」
2月24日発売のドラマCDのアフレコレポート企画あり。本編はドラマCD収録のエピソード「レンズ一枚」より。メガネのエピソードというところが何とも犬上氏らしいと言うか。

『まんがタイムきらら』2006年3月号

誌内の海藍「特ダネ三面キャプターズ」の広告に驚き。デザインとかずっと高二(幸せ)という言葉とか、随所から海藍氏自身が作ったという雰囲気が。

きゆづきさとこ「棺担ぎのクロ。~懐中旅話~」
先月号まで表紙を担当していた湖西晶氏に代わり、今月号から表紙を担当。あまりの雰囲気の違いに、最初は『きらら』と気づかなかった。今月号の話は色々と凄い。特にニジュクとサンジュが空を飛ぶシーンはやばい。単行本1巻は3月27日発売。
桑原ひひひ「きつねさんに化かされたい!」
サザエさん時空で話が続くと思ってたけど、凪もあんずも卒業しちゃうのか。どうか連載が終わりませんように…。
湖西晶「かみさまのいうとおり!」
アフロのなむちゃんがかわいい。作者産休のため、次号から休載。ドラマCDは4月21日に発売。
【新連載】ヤス「五日性滅亡シンドローム」
あと五日で滅びると噂されている世界で生きる学生たちの話。ストーリーが重めで、今までの『きらら』にはない感じの作品。これはいいかも。でも、仮に一日一話で進んだとしたら、五話で終わっちゃうよなあ…。
【きらスタ】里好「うぃずりず」
きらら系3氏合同新人発掘企画「きらスタ」vol.1。外国人が転校してきた小学校のクラスの話。頑張って読もうとしたけど、セリフの多さに2ページ目辺りで振り切られた。最近はなんだか振り切られっぱなしだなあ…。同作品は今月発売の『MAX』と『キャラット』にも掲載。また、次回挑戦者は、先月号の『きらら』で「おにぎりめいどメカ奈さん」がゲスト掲載されたうさぎとねこ氏。

3月23日に『きらら』増刊号として、ストーリーコミック誌『まんがタイムきららフォワード』が創刊とのこと。掲載陣は石田あきらこよかよしの野々原ちきヒロユキ寺本薫湖西晶水上悟志荒井チェリー谷村まりか岬下部せすな日下こかげ、大井昌和、(順不同・敬称略)。

『まんがタイム』2006年3月号

おーはしるい「夫婦な生活」
相変わらず田中さんのキャラが素晴らしい。嫁に来て下さい。増刊号『まんがタイムコレクション おーはしるいコレクション』は2月20日に発売。
【最終回】荒井チェリー「ゆかにっし」
『まんがホーム』2006年2月号で終了した「みおにっき」に続き、こちらも最終回。最後から2本目、3コマ目から4コマ目への落差が凄い。『ゆかにっし』コミックス情報をお楽しみにっ♥と書かれているあたり、単行本は出る模様。
安堂友子「天子様が来る!」
最後の2本は話が繋がってたのか。1本目にちゃんとみかん箱が描かれていたことに驚き。単行本化が決定。発売は5月。

『まんがタウン』2006年3月号

先月号からのゲスト作品4つが正式に新連載。

富永ゆかり「かなり*ハッピー!!」
コピー機を餌付け(?)するかなり。このネタ、うまいなあ。単行本1巻は2月13日に発売。
笹野ちはる「ぽこぽこコーヒー気分」
女二人を見たらすぐ百合の方向を想像する自分はダメな気がしてきた。次号予告や笹野氏のブログ(2月4日)によると、単行本化が決定した模様。
【新連載】ÖYSTER「光の大社員」
今月号は集中線が多いなあ。イシキングが面白そうだと思う自分は男子的。
【新連載】弓長九天「ごきげん! カノコさん」
無茶苦茶な仕事でなく イチャイチャしてみてはどうでしょう いいなあ、このラブラブぶり。「さゆリン」もいいけどこちらもいい。

『まんがくらぶ』2006年3月号

むんこ「まい・ほーむ」
「らいか・デイズ」とはまた違った方向で青春してるなあ。『まんがライフセレクション むんこスペシャル』は3月25日に発売。
私屋カヲル「ちびとぼく」
ついに郵貯の男とばるたんに別れの時が!? 「少年三白眼」2巻は2月27日に発売。
【二本立て】松本ぷりっつ「ぴよぴよ保育園あいこせんせい!」「うちの3姉妹」
松本氏の育児漫画ブログ「うちの3姉妹」が雑誌に初登場。松本氏の3姉妹、フー・スー・チーの日常を描いた4コマ漫画。ネタは初出のものばかりなのかな? 紙媒体で読むと、ブログで読むのとはまた違った味わいがあるなあ。先日書いたアメーバブックスインタビューの紹介記事とあわせてどうぞ。

『まんがタイムジャンボ』2006年3月号

重野なおき「ひまじん」
コタツで寝ると風邪引くよ! ていうかつぐみの部屋に布団ってあったっけ?
栗川明子「いなかのがっこう。」
2か月前の『ジャンボ』を発掘して設定を読み込み直し。だんだん読み方が分かってきた気がする。バリ3なんて言葉を初めて聞いた。
【ゲスト】マシュー麻咲「こどもブロッサム」
面白い。『まんがタイムラブリー』だけじゃなく、このまま『ジャンボ』でも連載されないかな。
【集中連載(2/3)】川崎ショーエイ「オッチョコ☆チョイ子さん」
川崎氏のサイトによると、3か月集中連載とのこと。3本目の悪気ネタ、津込の悪気はあると思うから怒るといいですよのセリフが気に入った。これは来たかもしれない。
ナントカ「新釈ファンタジー絵巻」
2本目、さりげなくバーベキューセットに危険なマークが…。単行本1巻は発売中。

『まんがホーム』2006年3月号

学生生活の忙しさが一段落。

むんこ「らいか・デイズ」
表紙のらいかが凄いことに。そういえばはてなダイアリーに萌え転がるなんてキーワードがあったなあ。単行本3巻と「だって愛してる」1巻はともに4月3日に発売。
おーはしるい「夫婦な生活」
ワクワクしちゃったりする気持ちはよく分かる。とりあえず13日が楽しみ。増刊号『まんがタイムコレクション おーはしるいコレクション』は2月20日に発売。
ほへと丸「ひだまり家族」
野菜にもキャラクタービジネスの波が。キャラロビ欲しい。セロモンキー欲しい。
よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。