スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミカルでオシャレな骨董品擬人化――和錆『アンティック』

和錆『アンティック』

杏音(あんね)は骨董品が大好きな少女。ある日、彼女は家の蔵で、中から声のする箱を見つける。声に導かれて箱を開け、中に入っていた懐中時計のゼンマイを巻くと、懐中時計から精霊・オロが現れる。話を聞くに、オロは懐中時計がどこか壊れていて記憶喪失だという。こうして、オロを直すため、杏音とオロの一緒の暮らしが始まった――。一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』連載終了作品。

ファンタジックでハートウォーミング、そしてキュートでコミカルな作品。精霊という非現実的存在が杏音を始めとした人間たちに自然に受け入れられている日常は穏やかで温かい。女の子たちは、リボンやフリルなどの要素はもちろんのこと、服からアクセサリに至るまでのコーディネートがオシャレで可愛らしい。古風な言葉遣いなのに子供っぽいオロ、破天荒な友達、可愛いものや服に目がない姉とその知人の骨董屋女店主などなど、ひとクセある周囲の精霊や人との杏音の日常はドタバタで楽しく、キャラたちのシンプルで喜怒哀楽に富んだ表情が可笑しい。これらの点において、本作は比較的ストレートな萌え4コマ作品と言えるかもしれない。

しかし、本作で真に注目すべきは、骨董品たちの擬人化である。本作には懐中時計の精霊たるオロだけでなく、望遠鏡、刀、ペアティーカップ、蓄音機の精霊が登場する(さらに、単行本カバー裏にはカギ、ランプ、柱時計、カトラリーの精霊も登場する)。「骨董品の精霊」という設定の彼女たちは、その存在が骨董品と密接にリンクしているため、姿は違っていても同一の存在と見なすことができる。人ならざる者が人の姿として描かれ、「人ならざる者」と同一の存在として眼前に現れる。これはまさに擬人化である。

骨董品たちの擬人化はその外見によくあらわれている。懐中時計のホロは頭のてっぺんに竜頭のようなアクセサリをつけ、そこからはチェーンが伸び、チェーンの先端にはリングが付いている。望遠鏡の精霊は長い髪を円筒の道具で束ね、耳には星型のピアスをつけている。刀の精霊の髪型は刃のようにまっすぐで鋭いポニーテールで、着物の帯は柄の模様をしている。ペアティーカップの精霊は二人組で、どちらも腰にハート型の白いリボンが付いた花柄で裾広がりのスカートを身にまとっている。蓄音機の精霊は花丸のような形をした髪飾りを後頭部に身につけている。これらの姿はまさに、骨董品の外見や、骨董品から想像される事物を表したものである。もちろん、外見だけでなく言動にも骨董品らしさが反映されている場面もある(例えば、懐中時計=精密機械であるオロは水や砂に弱い)が、それらはワンポイントで描かれることが多く、外見と比較して前面には出ていない。

本作の魅力は、こういった擬人化がオシャレと結びついている点にある。分かりやすい例は上で述べたペアティーカップの精霊だろう。ティーカップを逆さまにしたような形のスカートでもって擬人化することにより、作者は読者に対して「この精霊はティーカップである」ことを図像レベルで理解させることに成功するとともに、精霊キャラの魅力を大きく引き出しているのだ。あるいは、作者の擬人化手法はビジュアルを第一義にしているとも言えるだろう。これは、作者がイラストレーターとしても活動していることからも納得できることだろう。

作者と擬人化は切っても切り離せない。作者はマンガナビのインタビューで、キャラクターを描くときのこだわりについて「そのキャラのテーマカラーと記号付けでしょうか。常に何かを擬人化するようなイメージで描いています。」と答えている。さらに、擬人化の魅力については「無機物なものに命が吹き込まれる感覚や、その物の特徴をビジュアルにうまく変換出来た時がすごく楽しいです。」と語っている。また、作者は同人活動においても、動物擬人化『Animalia』、果物擬人化『Fleur』、花擬人化『Fiorato』などの擬人化作品を発表している。こういった〈擬人化的想像力〉と擬人化作品の延長線上に本作があるのだ。

本作について惜しむべくは、カラーページが少なかったことだろうか。作者の擬人化は色も美しい。『Fleur』に登場するリンゴ、バナナ、キウイなどの6つの果物は、それぞれに色が異なり、しかしその姿には統一感があって、作品に対して確固たる彩りを与えている。ただ、本作は骨董品というテーマ上、色栄えさせるのが難しかったのかもしれない。単行本の表紙やキャラ紹介のページを見ても、カラフルというよりは落ち着いた色使いであることが分かる。次回作があるならば、今度はぜひともカラフルな作品を読みたいものである。

コミカルでオシャレな骨董品擬人化。可愛い服の女の子が好きな、そして擬人化が好きな人にオススメしたい作品である。

このブログはバナーキャンペーンに参加しています

一迅社4コマまんがぱれっと「アンティック」5月21日発売!

スポンサーサイト

信頼に支えられた双子姉妹の仲良き日常――古居すぐり『ふたりずむ』

古居すぐり『ふたりずむ』

小守夏流(なつる)と春乃(はるの)は双子の姉妹。姉の夏流は妹の春乃ラブ。春乃は昔から照れ屋で可愛くて、でも中学生になった今ではつれなくて、夏流はちょっとさみしいところもあったり、でもめげずに妹を愛したり。そんな二人の日常。一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』連載終了作品。

夏流から春乃の向きに偏った姉妹愛模様が楽しい作品。つれない春乃に振り向いてもらいたくて、あれこれ画策・妄想・実践する夏流。春乃に何度つれなくされても全くめげる様子を見せない夏流。たまに春乃に優しくされたら全身で喜びを表現する夏流。そんな夏流の盲目的な愛模様が、丸っこい絵と相まって、可愛らしく、そして可笑しい。

そんな二人の関係性は「子の成長を見守る子離れできない親」と「親離れしたい子」のそれに近いかもしれない。そう、春乃が夏流に対してつれないのは、それが恥ずかしいくて照れるからだ。周囲から姉離れできていないと思われたくないからだ。そしてその源は春乃のポジティブな想いである。分かりやすいのはクラス委員長選出の話だろう。照れ屋な春乃がクラス委員長になって積極的になったら姉離れしてしまうと、委員長役を進んで買って出ようとする夏流。その口を遮って春乃は手を上げる。それは「なつるによけいな心配かけちゃうしね」と、前向きに姉から自立しようとする想いからだ。そして夏流も、そんな春乃を「かっこいい!」と肯定している。

作中の要所では、普段は夏流に対してつれない春乃が、夏流に対して素直に優しくなっている姿が描かれている。これだけを見て「二人は実は仲良しだ」と言うこともできるだろう。しかし、前述した「親」と「子」のような関係性から、この姉妹の仲の良さは両者の間の前向きな想い――言いかえれば、二人の間の「信頼」――に支えられていると言える。それがたまらなく安心するのだ。

作者作品の魅力はこの信頼に裏打ちされた安心感にある。キャラ同士が仲良くしている時はもちろん、いがみあったり悩んでいる時でさえ、二人の関係が良い方向へ向かっていくだろうという期待が感じられる。例えば、リトバスの小毬と理樹を描いた同人誌『ラブトライフル』では小毬から理樹への片想いが描かれるが、そこに恋の辛さのようなものは感じられない。それはひとえに、小毬の「理樹君のこと好き」「ゆっくりでいい」「自分の口で伝えたい」という心の声から見える、小毬自身に対する信頼、そして理樹に対する信頼に支えられているからだろう。

信頼に支えられた双子姉妹の仲良き日常。タイトルの「ふたり」の期待を裏切らない作品だ。

おとなり感想

ちっちゃい頃はお姉ちゃんベッタリだった妹のはるのが 中学生になってつれなくなってしまったために ますますはるのに攻勢をかけるようになってしまった姉なつる。そんななつるが、普段は欝陶しいけれど、何だかんだで最後は頼っちゃうはるの。2人のやりとりが、微笑ましく、かわいらしい。

今までに購入した漫画、ゲームのメモ ふたりずむ

丸っこい絵柄が好みが分かれるかもしれませんが双子姉妹の百合は鉄板。最初の方、姉が妹に一方的に迫っているように見える展開が続いていますが、よく見れば最初から妹も姉にラブラブなことは分かりますね。しかも後半はツンだった妹もデレてしまい、さらにラブラブ。甘い!糖分高すぎ!でもそこが良い!

百合な日々 : ふたりずむ (古居すぐり)

先生からかわいくて目立つw春乃が指名されると拙いと思った夏流は、テンパって自分から立候補しかけるが、それを口止めして結局は春乃が自分で委員長を選ぶことに。なんだかんだで、姉に心配をかけさせるのが嫌な妹。この辺が読んでいて心に浸みる。

ふたりずむ!:いわめも(※雑誌連載時の感想)

人間の姿をした動物たちの可愛さと楽しさ,そして飼い主との絆 ― 櫻太助『毛玉日和(1)』

櫻太助『毛玉日和(1)』

人間の姿をした動物たちが人間たちと一緒に暮らす世界。友人のペット写真を見て自分も猫が飼いたくなったもなかさん。家に帰ると玄関の前に倒れていたのは人間の姿をした猫・小豆。看病をし,野良に戻ろうとするのを呼び止め,小豆はもなかの飼い猫となる――。彼女らをはじめ,もなかのクラスメイト・雪くんと自由奔放な犬娘・コロン,もなかの担任・啓之丞先生と啓之丞ラブなリス娘・リス子の日常を描いた4コマ漫画。一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』連載。

何よりメスの飼われ者三匹がキュート。三頭身の小さい姿に大きな瞳と丸い頬を持つ彼女たちにはペットとして愛でたくなる可愛さがある。大きなリボンの服装も実に女の子らしい。そして見逃していけないのがその動物らしさ。毛繕い,不機嫌な尻尾の動き,お風呂嫌い,予防接種とカラー,冬眠,ペットフードなど,彼女たちの動物性は作中の随所で面白可笑しく描かれている。

そんな飼われ者たちと飼い主たちの日常は賑やかで楽しい。ツンツンな小豆は猫デレなもなかに溺愛されるが,時に素直になれず不機嫌さを見せてあずきを落ち込ませる。ヒエラルキー的に雪を下に見ているコロンはワガママの限りを尽くし,その度に雪に頭グリグリで躾けられる。自身を啓之丞の妻と自覚するリス子は,そのままごと的ながら純粋な「妻」の振る舞いで啓之丞を困らせる。そこには三組三様の関係性に支えられた賑やかさがある。

賑やかな楽しさと併せて,この作品では飼われ者たちと飼い主たちの絆が描かれている。もなかによって住所が縫い込まれたリボンを大事につける小豆。他の犬に雪を取られたくないと涙ぐみ雪に抱きつくコロン。優しい啓之丞を信じて疑わないリス子。そこには他の誰も割り込めない,三組の信頼と愛情がある。

極めつけは,飼われ者たちが人間の姿になった理由だろう。人間のことを好きになった動物は人間の姿になれる。そのことは一生に一人にしか打ち明けてはならない。もし人間がそのことを他の人に話してしまうと飼われ者たちは動物の姿に戻ってしまう――。それでもリス子は啓之丞にそのことを打ち明ける。これを飼い主への信頼と取らずして何と取れよう。一方の啓之丞は打ち明けられたことに責任を感じる。それは飼われ者からの信頼に報いる,飼い主としての責任であろう。

動物の可愛さ,動物と暮らす楽しさ,そして人間と動物の絆。それは多くの動物漫画が描き続けてきたことである。そしてこの作品でもそれは描かれている。飼われ者たちはその姿こそ人間だが,言動や飼い主との関係は確かに動物のそれであり,作品から動物漫画としてのエッセンスは少しも失われていない。獣耳好きな方だけでなく,動物好きであればぜひ読んでみて欲しい作品だ。

連載は『まんが4コマKINGSぱれっと』にて継続中。連載の方ではミミズク(notフクロウ)の福ちゃんが登場し,動物園の飼育員さんとの親子的なやりとりを見せてくれている。単行本で興味を持たれた方は連載でも読んでみて欲しい。

おとなり感想

読みながらデレデレニヤニヤ、鼻の下は延びっぱなしですよ。「3頭身のこーいう萌えキャラ」だと思ってもかわいいし、「うちのペットが実はこんなだ」と思ってもかわいい。たまらん。メインキャラが3人(匹)もいれば、好みのタイプも別れそうなもんですが、んもっ、みんなうちの子にしたいくらいかわいい。

濃霧-gNorm- ひょうたん書店 準公式サイト: うちにもこんなペットがいたらと思うと、もう悶絶ですよ 1巻目の「毛玉日和/桜太助」

「一生に一人にしか言えない」うえ、話を聞いた人間が他の誰かに話すと動物に戻ってしまうという「人型の成り方」を啓之丞に話したのは、リス子が啓之丞を愛していて、信頼しきっているからでしょう。

「もしリス子がリスに戻っても 啓之丞さんが決めたことならいいかな」とリス子が啓之丞に話す場面が、個人的にはこの巻で一番の名場面だと思います。

夕焼け旅人 『毛玉日和』1巻感想(櫻 太助:著・4コマKINGSぱれっとCOMICS・一迅社:刊)

全般を通して、人化した動物とその飼い主の、あるいは飼い主同士のコメディがメインなのだが、たまーにしんみりとする話や恋バナがあるのがポイントか。個人的には一番気になるのはもなかと雪の二人だったりする。雪は本当によいツンキャラだと思う。

毛玉日和雑記:いわめも:So-netブログ

とても近しい、人と人の関係ではちょっと成立しにくいような密接さを表現しつつ、けれどそこに若干の相容れなさ、人とは決定的に違っている様子も匂わせる彼らとの生活は、ありそうでちょっとない関係の可能性を感じさせてくれて、非常に面白い。こんなのと一緒に暮らしたらきっと楽しいぞ、そう思わせるようなわくわく感がすごいのですね。

こととねお試しBlog: 毛玉日和

バナーキャンペーン参加中

毛玉日和バナーキャンペーン

内村かなめ『もっと!委員長(1)』/4コマKINGSぱれっとコミックス/一迅社

内村かなめ『もっと!委員長(1)』

放課後 校内の風紀の見回り

風紀委員「あっ また落書きされてますよ! また私たちのこと」

えみ「トイレに悪口って…陰湿をアピールしてるのかしら バカねー」

ちよ「こんなこっそりしなくても 直接言ってくれたらいいのに…♥

内村かなめ『もっと!委員長(1)』 p.43左「風紀委員のお仕事」

内村かなめもっと!委員長は,一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』連載の4コマ漫画。ある女子校の風紀委員長・松浦ちよは隠れマゾ気質。風紀を注意した生徒から罵声を浴びせられるのが彼女の快感。でも,大好きな幼なじみの風紀委員・本田えみは,彼女の本性を知ってていじめてくれないいじわる娘。「いじめて」「キモイ」なやりとりを交わす彼女たちに,ワイルドな不良でちよの想い人・ゆか,まっとうな風紀委員・なみ,ちよと友達になりたい生徒会長・とも子などなどが加わって,かしましき女子校生活を繰り広げる作品。

単行本のおまけ要素としては,巻頭にカラーでキャラ紹介4コマ,巻末に幼稚園編,カバー裏には作者のインコ4コマが収録されている。キャラ紹介はこの単行本から読み始める人にも,自分のようによくキャラ名を忘れる鳥頭にも嬉しい。

本編は,まず何と言っても委員長のちよ。風紀委員長としてきりっと決める一方,えみやゆかから罵声を浴びて恍惚の表情を浮かべる彼女は,この二面性だけで強力なキャラだ。さらに,こうした女の子同士のやりとりが,なぜかイチャイチャしているように見えてダイレクトに心地いい。セリフにハートマークが忍ばされた日には,そういう文脈を意識しちゃうのはしょうがないよね,と思う。喜怒哀楽の表情を可愛くコミカルに描く作者の画力もポイント。

さて,ちよのキャラの実現には,当然彼女だけでなく,彼女にちょっかいを出す存在(上述したえみやゆか)が必要だ。しかし固定されたいじり・いじられ関係は,ともすればキャラ間のパワーバランスが悪くなってしまう――いじられ側がいじり側にロックインされてしまう――ことがある。

だが,ちよは周囲のいじりをMで返す。荒い吐息と恍惚の表情で「キモイ」と言わしめる。その瞬間,いじり側の持つ非常識さが,ちよのMというより強い非常識さで上書きされて,両者の力関係が逆転する。こうして両者の関係性は偏ることなく,あっちへ傾きこっちへ傾きつつ結果としてバランスをとり,日常をつづることを可能にする。

関係性と言えば,キャラの想いのすれ違いも見どころ。人の上に立つよりも下であがく気持ちで頑張りたいの! と叫ぶちよに,さすがと感心するなみ,かなわないと唇をかむとも子。それがマゾ文脈で述べられていることにも気づかずに。そしてそんな三人を目にほくそ笑むえみ。誰一人として想いは重ならない。こうしたすれ違いも日常茶飯事的に描かれる。

パワーバランスのシーソーゲームと,すれ違い続ける想い。これらはキャラの日常を描く上で欠かせない要素だ。変わらないけどメリハリのある日常は,局所的にはキャラの関係性の変化によって,大域的にはその不変性によって実現される。両者が段落冒頭の二要素に対応していることは言うまでもないだろう。

ベーシックな作品でありながら,そのベーシックさが忠実に体現されており,加えて強力なキャラ性がアクセントになっている作品。読みの心地よさを求めるならば,まず読んでおいて損は無い作品だろう。百合ギャグ好きな人にもオススメしたい。

よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。