スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社『まんがぱれっとLite』VOL.38

積みがひどい……。それはともかくとして休刊号。

【ゲスト】古居すぐり「ほめきゅん」
ほめられてのびる小歩志ちゃん。「お姉さん」のはずの小学校高学年ながら、小歩志ちゃんのほめられたいオーラをこれでもかと出す姿がどこか幼くて可愛いし百面相な姿もコミカルで可愛いしつまりはそういうことです。この作者は純粋さとか一途さとかを持った女の子キャラを描かせたら萌え系4コマ界で五本の指に入ると思うの。本誌やONLINEでもまた連載が始まらないかなあ。
【最終回】内村かなめ「限定彼女」
姉妹兄弟ともヤっちゃって最終回。色々と限界に達してるぜこの作品! 「もう1回!」とか「大好きっ!」とか、無防備な姿を相手にさらけ出す場面とかグッとくる。エロティックな表現はもちろん、こういった内面的な生々しさが心にグイグイと食い込んでくる、いい作品でした。単行本3巻は6月22日に発売。
【最終回】あさば☆ひろむ「アイドル*アイドル」
ケイが初ソロで浮かれて頑張って。ひろみの「ケイちゃんが遠い…」という憂いが、ケイの気取ることの無い態度と元気の良さに解消されていく様がいいなあ。ホント、仲が良い。……で、先月号から始まったと思ったらもう最終回とかどういうことなの……。仮にも新人賞受賞者ですよ……。この作者も本誌かONLINEで復活して欲しいなあ。
【最終回】来橋ゆたか「ももいろパンチ」
とうまの友達オーディション。友達は無理矢理作るものじゃないよね的王道展開で締め……なのだけど、尻切れ感が否めないのは雑誌全体的にしょうがないことなのか。ともかく、最近のぱれっとLite作品の中ではキャラのコミカルな表情と巻き込まれ系ドタバタ感が好きな作品でした。この作者も、またどこかで登場しないかなあ。

以下は雑感。休刊はさみしいけど、結果論として見れば、この辺が潮時だったのかもしれない。最近では厚さが明らかに薄かったし、それでいて本誌やきらら系列誌と同じ値段だったし。ただ、連載作品のいくつかはリニューアルされたぱれっと本誌や6月開始予定のぱれっとONLINEに移籍し、さらにぱれっと本誌では新作新連載ラッシュが始まっている。これからはそちらにリソースを集中させるんだろう。

ただ――『もっと!委員長(3)』の時にお世話になった身としては言いにくいのだけれども――、一迅社スタッフに対する信頼、私の中では下がりっぱなしなんですよね……。ぱれっと関係では、昨年8月の「未確認で進行形」の掲載号誤りに、今年1月の『ふぃっとねす(1)』帯での「まんがタイムぱれっとLite」があった。今年6月に開設予定のぱれっとONLINEにしても、百合姫ONLINEが昨年9月に発表されたっきり音沙汰がないという話を聞いた後では全幅の信頼を置けない。ぱれっと外でも、最近では『ComicREX』を購読していない自分の元にもREXの誤植がひどいとか連載作家が不満を吐き出しているという話が流れてくる。そしてアニメ「30歳の保健体育」は見るに耐えない出来だ(井ノ本リカ子版的な展開こそが30保の本流じゃないのか!)。

リニューアル後のぱれっとからは、これまで以上にきらら的・メディアミックス的なニオイを感じる。前者は、ぱれっとがきららからあぶれた価値を発掘してきた歴史を考えるとさもありなんというところもあるのだけれど、きららには無い価値をどう出していくかが気になるし、後者は自前のコンテンツをほとんど持たない一迅社(cf:角川書店『4コマnanoエース』)がどこまで展開できるか、手放しではいられないだろう。競争あるところに革新あり。ぱれっとには萌え系4コマ第二勢力として、最大勢力たるきららとまだまだ頑張って競争して欲しいところ。

最後に懺悔を。VOL.13でのロゴ変更後、誌名も『まんが4コマKINGSぱれっとLite』から『まんがぱれっとLite』に変わってたことに、今の今まで気づいていませんでした o... rz

スポンサーサイト

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.36・VOL.37

VOL.37誌内にぱれっと本誌のリニューアル情報あり。4月22日発売号からリニューアル。「ぱれっとLiteの人気作もお引っ越し」とある辺り(そして連載陣のブログやTwitterを見る限り)、Liteが本誌に吸収合併される形でのリニューアルの模様。詳細は本誌3月発売号とLite4月発売号にて発表されるとのこと。誌内にはまた「ぱれっとONLINE」6月スタート予定の報もあり。こちらはウェブコミックサイトの模様。

【新連載(VOL.36)】あさば☆ひろむ「アイドル*アイドル」
やっと……やっと第4回一迅社コミック大賞ぱれっと賞受賞者がデビューですよ……。集中連載扱い。アイドルグループでデビューした新人のケイとひろみ。作者は元々アイマス同人をやっているのでアイドルものについては全幅の信頼を置いて読み始めたわけですが期待通り。新人二人含むアイドルガールズがおバカやりながらキャッキャウフフする様が軽快で楽しい。そして何よりもメンバー同士が仲良さそうってのがいい。こんな雰囲気でさらにお気に入りの子がいたらもう応援したくならないはずがない。つまりケイ可愛いよケイ。Liteもリニューアルに巻き込まれちゃうけど、この作品は残って欲しいなあ。
来橋ゆたか「ももいろパンチ」
まおの誤解回と琴乃・陸の百合回。この作品は主人公周辺のキャラが立っていて楽しい。あと、周囲の三人が彼女のことを信頼しているっていう雰囲気も好きかも。この作品も残って欲しいのだけど、作者ブログによればVOL.38で最終回のようで残念すぎる。せめて作者だけでも残って欲しい。
ちょぼらうにょぽみ「不思議なソメラちゃん」
最近になってようやくこの作者の作品の読み方が分かってきたところでVOL.36の扉に持っていかれた。不条理とか理不尽とかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。暴走する〈非常識〉が止めきられずに正当化されてしまう様に言いようのない不安をかき立てられる。
内村かなめ「限定彼女」
パイタッチがきっかけでちまと広音の関係やらクラスの雰囲気やらが大進展で二人に至ってはチョメチョメしちゃってるっぽいわけですが、それと並行してちま姉と広音兄とその周辺の因縁やら何やらが一気に描かれてグサグサ来る。ちま姉のグチャグチャな感情とかもうね。
【最終回(VOL.37)】冬凪れく「30歳の保健体育 ラブフラグ編」
ぶっちゃけVOL.35くらいから急激に面白くなってきてるんですが最後まで良心を遺憾なく発揮して最高のエンドだと思いました。VOL.37の前半のななみが泣いちゃうシーンの後の正の言動とか俺のツボつきまくりなんですがどうしましょう。これは単行本買えってことですかね。というわけで終わり良ければなんとやらでいい作品でした。単行本は3月26日に発売。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.35

【最終回】古居すぐり「ふたりずむ」
夏流の舞台。浮かれまくって本番でポカする夏流を双子ならではの手段でカバーする春乃。姉妹愛だなあ。全体を通じて、普段はケンカもするけど結局は仲良しな二人が良かった。いい作品でした。単行本が1月22日に発売。
来橋ゆたか「ももいろパンチ」
とうまの人助け。番長の怖いイメージを払拭して友達ゲット……できると思ったのに不憫な子やで……。ハッ、これが不憫萌えというやつなのか!?←

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.34

『ふぃっとねす(1)』の(についている「秘密の応募券」)を手に入れられなかった方々に対する救済措置が書かれている。

来橋ゆたか「ももいろパンチ」
先月号からの連載作品。普通の友達が欲しい女の子に何がどうしてか舎弟の女の子が三人もできてしまって。誤解され系コメディといったところか。このドタバタ感は好き。あとダボ袖のまおさん可愛い。楽しみ。
古居すぐり「ふたりずむ」
カメラマンはるのの文化祭メイキング写真撮影。引っ込み思案なはるのがなつるに助けられながらクラスメイトの写真を撮っていく様がほのぼのラブラブしてて好き。ラス前一本の楽・驚・哀・喜の表情のなつるも可愛い。次号で最終回とか嘘だろおおおおおおおおおお!! Amazonを見る限りでは単行本が1月22日に発売される模様。
内村かなめ「限定彼女」
広音とちまのケンカ。意地っ張りなちまが折れていい話だなーと思ったら最後それかwww 俺の感動を返してwww
ちょぼらうにょぽみ「不思議なソメラちゃん」
眼前のサンタを信じないソメラ。ラス前一本4コマ目、自身に満ちた表情でその言い草はねーよwww 相手の心を見透かしているつもりで全く的外れているソメラの可笑しさよ。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.24

ぱれっと本誌3月号に続き,こちらでも冬コミ一迅社グッズの誌上販売が開始。

古居すぐり「ふたりずむ」
先月号からの連載作品。クラス委員決めで妹・春乃が積極的になっちゃったらと心配する姉・夏流。人見知りなな春乃も可愛らしいけど独占欲バリバリの夏流も可愛いと思った。そういう視点で夏流の「褒められたり…!」「私のため?」という言葉を聞くとまた微笑ましい気持ちになったり。
こもわた遙華「ら~マニア」
パイたん変わるわよ計画→そのままの君でいて展開。とんこつが「ハーレム漫画のなんのとりえもない主人公」何て言わなければ〈楽園の鏡〉を意識せずに済んだのに……。俺はもっとラーメンブロガーとしてカッコいいロッキーが見たいんですよ。先月号の「塩ラーメンの神様」よろしく。単行本1巻が2月22日に発売。単行本発売を記念したサイン会K-BOOKS秋葉原新館メロンブックス名古屋店にて開催。
【新連載】大宮祝詞「倭トトは神様である!」
略して「トトさま」。試験会場前でお守りを売る巫女姿の女の子・トト。彼女は自分のことを神様だと言うが――。ヘッポコ神様のヘッポコぶりを見せてくれる作品? もう少し読んでみないと分からない。ただ,うさんくさいけど確かなプチ御利益があるトトには良心を感じる。
内村かなめ「限定彼女」
広音の秘密がお姉ちゃんにバレちゃったちま。自分だけ除け者だったと気づいて泣きじゃくるお姉ちゃんにグッと来る。作者は要所で感情を揺さぶるシーンをしっかり持ってくるよなあ。「俺とメイドと時々オカン」の最終話で必死になるゴンちゃんとかもすげえ好きだったりする。
【ゲスト】とく村長「ぷのいちっ!」
VOL.21以来の再登場。仲良し姉妹・さくらとせいはに押しかけ忍者・ちはや。さくら→せいは→ちはやで三角関係的に明るくキャッキャウフフしておるのう。キモはせいはのパンツに意気投合する残り二人だと思った。あとはちはやがもう少し忍者らしくしっかりしてれば不快感ゼロで読めると思うのだけれども。次号もゲスト。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.22・VOL.23

VOL.22付録は同号から連載開始のストロマ「フィットネス」のぱれっと本誌掲載分を収録した小冊子。下敷きよりもこういう小冊子の方が付録として嬉しい。

こもわた遙華「ら~マニア」
VOL.22はラーメン通オフ会。普段の引きこもりっぷりからは想像できないリア充さを見せるロッキーに惚れた。「塩ラーメンの神様」なんて滑稽なセリフもラーメンモードの彼が言うと引き締まるなあ。カッコいいじゃないか。単行本1巻が2月22日に発売。
内村かなめ「限定彼女」
退魔師ショーコ襲来。広音を守らんとショーコの言葉攻めをかわし,実力行使にも耐えるちまの強さがいいなあ。VOL.22で広音を元気づけるちまの言葉にもその強さが見え隠れしてるように思う。作者作品にときどき現れる「女性の強さ」にはハッとさせられる。そんなシリアスなシーンがVOL.23のちまの「カイカン」の言葉で一気に崩れるところも可笑しい。
高野うい「あねけん」
VOL.23は同人作家の冬コミ3日間。1日目の早朝待機列で素手を外気に晒してDSをプレイする陸に感服。現実の冬コミ1日目早朝は風が吹いてて妙に寒くてゲームどころじゃなかったなあ……。
【新連載(VOL.23)】古居すぐり「ふたりずむ」
妹ラブな姉・夏流と姉に対して素直になれない妹・春乃,そんな双子姉妹の日常。花の髪飾りをつけている方が夏流よ。VOL.15など掲載の双子姉妹もの「ふたみごろ」と比べると,ハイテンションなにぎやかさは抑え気味に,姉妹の幼い頃の思い出を見せつつ,二人の仲の良さをしっとりと見せている印象。しかし図像的な可愛さとコミカルさは健在。特に夏流が春乃の思い出を振り返る一本がいい。丸目の可愛らしさ,白目のおマヌケさ,線目に潜む謎の自信,無目の奥の戸惑いと,目ごとに異なる楽しさを見せてくれる。好きだなあ。今後も大いに期待。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.21

【ゲスト】とく村長「ぷのいちっ!」
姉に溺愛される妹さん。彼女が何故かくの一を拾ってきてしまって。あけすけさとあざとさをを姉→妹百合・パンチラ・はだエプ・お風呂に詰め込んでお届けするちょっと多めの10ページ。そんなハレンチチックなところが作者作品の特徴と分かっているのでこれはこれで。それよりも重要なのは作者がぱれっと系列誌に登場している点ですよ! きらら同人界に多大なるコミットを続けてきた作者がですよ! pixivに投稿されたイラストを見るだけでもそのきらら愛がうかがえるはず。さあ芳文社の編集は急いでこの作者を引っ張ってくるんだ。
内村かなめ「限定彼女」
・ちま姉と広音兄の過去。これ何てエロゲ? 広音兄がちま姉を押さえつけて言葉で辱めるシーンのギリギリ感と言ったら。そしてやっぱり広音兄は女喰い(吸血鬼的な意味で)の最低野郎だったぜ! ブラホック外しテクもパねえ。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.20

2009年7月以降のぱれっとコミックスについている秘密の応募券について「えっそんなのついてたっけ」と確認しようと思ったらぱれっとコミックスが本の山に埋もれているのを見て愕然とした。

内村かなめ「限定彼女」
ちま姉と広音兄の過去。ってうわあああああああこれだけ見たら兄貴最低な男やで! まあ落ち着いて次号を待とうか。
そう言えば単行本プレゼント小冊子『ちまと委員長と時々オカン』も届いた。「どMは扱いづらい」というオカンのセリフは「もっと!委員長」の面白さのキモを見事に言い表していると思わないか。あとオカンの恋愛観がさすが大人なので見習いたいとか思った。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.19

内村かなめ「限定彼女」
広音とちまは朝からイチャイチャしてるしすーちゃんは山田に惚気るしこいつらUZEEEEEEEEとか思ったら負けなんだと思う。広音兄・ちま姉もおいしくいただけます。
神堂あらし「フリーマップ」
盗人ネネコと再会→紆余曲折→ネネコ仲間入り。スズイの「マジカル脱獄」吹いた。ファンタジー作品だからマジカルってのは普通かもしれないけど,このどこかいかがわしいというかうさんくさい感じが神堂氏らしいなと思った。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.18

下敷きとミニノートが付録。うん,やっぱりクリアファイルの方が嬉しい。

【ゲスト】和錆「うさぎさん大侵略!!」
第1回ぱれっと大賞入選作。地球を侵略しに月からやってきたキュートなウサミミっ娘。しかし着陸した家の女の子のゆるいテンポに毒気を抜かれてしまって。女の子女の子したキャラの可愛さと二頭身+白目モードの可笑しさに目が行く。こういうコミカルさが好きなんです。「次回作を構想中」とのことで楽しみ。
よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。