スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むらさき*『ゆーたいプレイ』は居眠り幽体離脱少女がラブリー - 芳文社『まんがタイムファミリー』2013年12月号

むらさき*『ゆーたいプレイ』

うおおおおおおおおなんでむらさきさんファミリーに載ってるのおおおおおおお!?!?!?!?!?(狂喜乱舞) この人の同人作品可愛くて大好きなんだよねえ……! さて今作は霊感が強いタケルくんと、居眠りをすると幽体離脱しちゃう幼なじみのゆきちゃん。やっぱり何よりも絵柄の可愛さ。悪い霊にも天真爛漫に接するゆきちゃん、彼女を心配するタケルくん、そして彼の気持ちに気づかないゆきちゃん、という関係性のドタバタラブコメ感が可笑しい。百面相な二人の表情がまた笑いと和みを誘う。ゆきちゃんの寝顔がラブリーやわあ……。これは今すぐにでも連載で読みたい。

スポンサーサイト

鈴木フルーツ『駅前の天使・アイは歌う』はポジティブさとネガティブさの同居がこの作者らしい - 芳文社『まんがタイムファミリー』2013年10月号

鈴木フルーツ『駅前の天使・アイは歌う』

ゲスト作品。タイム系列誌、特に今は亡きラブリーの読者的には「日路」の名前の方がおなじみかもしれない。リーダーとしての責務の重さに耐えられず職場から逃げ出したサラリーマンは、駅前で弾き語りをする「天使」な女性の歌に癒され、そして彼女に心惹かれる。人間の弱さを肯定する歌詞に癒されたかと思ったら現実を突きつける歌詞に心刺され、優しくされて嬉しさを感じてたら実はペットと同じように見られていただけと知ってちょっとガッカリする。そういったポジティブさとネガティブさを同居させて描く点が実にこの作者らしい。歌うたいの女性という要素にも作者の近年の同人活動を想わせる部分を感じなくもなかったり。また読んでみたい。サラリーマンという主人公的にはタイム本誌に掲載されても合いそう。

310『2倍まもります!』は掲載一周年 ― 芳文社『まんがタイムファミリー』2013年9月号

310『2倍まもります!』

夏と言えば海。前半は公平&左右パート。右の無邪気スキンシップに照れ、左佐には子供のように管理される公平のヘタレさが可笑しい。右の可愛い生き物キャラは見ていて胸キュンだなあ。後半は生徒会パート。クールな顔から公平ラブが漏れる横溝会長と、チャラ男さを隠そうとしない館岡副会長の、流されていくような奔放さがこれまた可笑しい。横溝の恍惚の表情は普段の姿とのあまりのギャップに笑いがこぼれる。

男女と青春こそ作者作品の強みであろう。両性の個性的なキャラ、その個性に惹かれる異性、言動に漏れてしまう相手への想い、そしてキャラの内面。今作だけでなく過去の作品を見ても、そういった機微を軽妙かつ丁寧に描くのがこの作者である、と私は信じている。今回が掲載一周年とのことなので、あと半年間続けば単行本の可能性もある。引き続き応援していきたい。

佐野妙『村ドル』

夏本番で地域イベントラッシュのロコドルペア。はしゃぐあおいに淡々とした紅子、ちょっとした態度の差こそあれ、二人が地域のアピールに前向きに勤しむ姿の何と爽やかで可笑しみのあることか。一日仕事でも若さゆえに活力を保ち、しかし次第にたまる疲労に家でもイベント会場のようについ振る舞ってしまうあおいは、今話の大きな見所だろう。二人自身の前向きさはもちろん、真面目な大崎さんや優しい老津さんなど、支える大人たちが作中にあらわれているからこそ、二人が生きてくるのだろう。

とかく、この作者の作品に登場するキャラは人間味があふれている。それは建前と本音、大人と子供、公と私、男と女などの差異を作中の随所に散りばめているからである。差異により、個々の登場人物のキャラが引き立ち、その人間味が強くあらわれるのである。アイドル4コマという規模を増すジャンルの中で、これは作者ならではの強みとなろう。これからも存在感を示し続けてほしい。単行本1巻は9月5日に発売とのこと。

芳文社『まんがタイムファミリー』2011年9月号

水谷フーカ「うのはな3姉妹」
桜の進路希望調査。桜の百面相と三姉妹父母の馴れ初めが美味しい回だと思った。南田くんが登場した時点で「お嫁さん」というベタな回答を予想したら親父が出てきて持って行きやがったと思ったけど桜の緩みきった笑顔に全て忘れることにした。お母さんの大豆博士っぷりもすごい。ミステリアスキャラが梅乃以上に加速する。

芳文社『まんがタイムファミリー』2011年7月号・8月号

久しぶりに4コマ誌を読む気がする……。最新の話題に追いつけていないのはまずいよなあと自覚しつつある今日この頃。

佐野妙「小悪魔さん」
7月号は理々宅で女子勉強会。女子という要素に目を向ければ「Smileすいーつ」や「森田さんは無口」に通じるものがあり、圭の黒い感情に目を向ければ「しましま日誌」と共通するところがあったり。124ページ右なんてすごく「Smileすいーつ」っぽいのだよね。女子を観察する男子、的な。「観察」は作者4コマを読み解く鍵だと思ってる。
しめ子「ギュっとして!よねちゃん」
8月号はテスト週間のよねちゃん。よねちゃんの涙に尽きるよなあ。稲田さんにおにぎりを道具にされた怒りの涙、テストをクリアした(それは実は間違いなのだけど)喜びの涙。健気キャラが加速していく。

芳文社『まんがタイムファミリー』2011年5月号・6月号

この二号で思ったんだけど、この雑誌って少女漫画化傾向にあるよね? それとも元からだっけ?

佐野妙「小悪魔さん」
この作品の何が面白いかと聞かれたら、妹・理々に見透かされ、手の上で踊らされている兄・大介の姿だよなあと。5月号の理々のセリフ「ま それは当分ないか」とか、6月号でバイト代をはたいちゃうところとか。
しめ子「ギュっとして!よねちゃん」
6月号は魔法少女よねこ☆マギカ(多分だいたいあってる)。和メイド姿が実にキュート。二色刷りでも俺の目には梅色に身を包んだよねちゃんが見える! 何でもおにぎりで解決できちゃう よねこのピュアさが面白可笑しい。「幸せの種」はきっと梅干しの種だ……。

芳文社『まんがタイムファミリー』2011年3月号・4月号

二号まとめて。

【ゲスト(3月号)→新連載(4月号)】しめ子「ギュっとして!よねちゃん」
連載化めでたい。4月号は野球部のヘルプでおにぎり作り。手での三角握りにこだわるよねちゃんに職人魂を見た。今から単行本化が楽しみ。
【ゲスト(4月号)】芦浦だんご「ともえ一本勝負!!」
元柔道部の女子大生・ともえさんの女子力磨き。女子力磨きが食欲方面に空回るともえさんが可笑しい。この手の一人相撲は嫌いじゃない。

芳文社『まんがタイムファミリー』2011年2月号

【ゲスト】しめ子「ギュっとして!よねちゃん」
先月号に続きゲスト。向かいにライバルのサンドイッチショップが開店。しかしライバルであることを忘れそうな仲の良さ。ひとえによねちゃんの小動物キャラだと思う。二人でライスサンドでも作ればいいんじゃないかな← またぜひ読みたい。
【ゲスト】小林マコ「いじっぱり愛!」
素直じゃない針川くんと小悪魔微毒系女子(なんじゃそりゃ)の天野さん。針川くんのツンツンな態度に毒でカウンターする天野さんというかけあいが楽しい。そうとは知らずに針川くんをその気にさせる天野さんの態度もチャーミング。また読んでみたい。

芳文社『まんがタイムファミリー』2011年1月号

雑誌更新再開。

水谷フーカ「うのはな3姉妹」
小学生の豆腐屋見学。豆腐職人してる父ちゃんに純粋な尊敬の眼差しを向ける小学生たちに良心を感じる。加えて、桜の「かっこいいでしょ?」のひとコマには彼女の「自慢の父」という想いがあらわれていてファミリー誌らしい回だなあとも。
【ゲスト】しめ子「ギュッとして!よねちゃん」
おにぎり屋の看板娘・米子(よねこ)ちゃんの日常。いつでもどこでもおにぎり一筋なキャラがその絵と相まって可愛い。焼きおにぎりのひとコマとか反則級。好きだなあ。次号もゲスト。

芳文社『まんがタイムファミリー』2010年4月号-9月号

放置のひどいブログです……。例によってまとめ読み。

ふじのはるか「はちみつカフェ」
ひろえさん襲来。戻ってきて欲しいと思う蜜、拒絶するおと先輩、心では拒んでもお腹は正直な蜂谷。結局、その料理の腕におと先輩は妥協してひろえさんを復職させるわけだけど、彼女ゆえにお店の人気が上がっていく様が私には悔しく感じられる。……と、ここまで書いて、自分は物語に相当のめり込んでるなーという事に気づいた。ひろえさんは一筋縄ではいかないキャラだなあ。
水谷フーカ「うのはな3姉妹」
8月号・9月号と巻頭カラー。表紙にも大きく載っている。9月号は一家で海へ。マイペースにはしゃぐ三姉妹と父は見ていて平和そのもの。中でも父のお茶目さがいい。砂で豆腐を作る表情や、バンザイをして布団に入る姿が、厳格キャラとのギャップを感じさせてくれて面白い。単行本1巻が10月7日に発売。
【ゲスト(4月号-6月号)→新連載(7月号)】梅川和実「となりの工学ガール」
男だらけの工科大ロボット工学科に通うカオルさんは女の子。ロボットの講座に入ろうとしたら女嫌いの先輩に大反対されて――。機械系女子の大学ものということで「講座クラッシャー」というひねくれた発想しか出てこないわけだけど、カオルさんは天然だし、島崎くんは軽いし、森山くんは女嫌いだし、他の男はモブだしってことで、その心配は杞憂に過ぎればいいと思った。工学ディテールは少なめ。カオルさんのロボ好きな日常で駆動させていくのかな。どうせならカオルさん高校生編もやりましょうよ。部活は当然ロボット部、制服はもちろんブレザーで。
【新連載(5月号)】遠山えま「ぽちゃぽちゃ水泳部」
トンカツ屋の娘・カツ代は食べるのが大好きなふとましい新女子高生。中学時代の憧れの鮫島先輩と同じ高校に入ったはいいが、彼はぽっちゃりさんには興味がないようでショック。ダイエットや下心のため、彼女は鮫島先輩と同じ水泳部に入るが――。鮫島先輩だけでなく、家族、幼なじみくん、大食い友達さん、水泳部の先輩たちと、それぞれに水泳やダイエットや鮫島先輩への恋に対するスタンスが異なる人々の中で、右往左往するカツ代が面白可笑しい。「ぽっちゃりさん」に対して良心的な点も安心できる。実は俺、スリムさんよりもぽっちゃりさんの方が好きなんだ……←
【最終回(5月号)】佐野妙「Smileすいーつ」
中津くんが塔子さんに告白したけど、塔子さんは「今は妹の方が大事だから」とはぐらかして。三年経って果歩が大学生になっても、姉妹ともまだゴールにはたどり着いてなくて。これは〈日常〉系4コマの最終回として特筆すべき形のひとつだ。誰が誰とも確固たる関係性を構築しないことによって、読者にいくつかのあり得る未来を想像させる(少なくとも私には姉妹ラブエンドと両者結婚エンドの2パターンが見えた)。そして、そのあやふやな未来に向かって、現在の〈日常〉がこれからも続いていくことを感じさせる。作品が終わっても、姉妹が互いを、また、それぞれの相方と好き合う今は終わらない、そんなことを感じさせてくれる最終回だった。
【新連載(6月号)】秋★枝「的中!青春100%」
「ワンシーン」の作者が今度は4コマでお目見え。弓道部に入りたい毛利くんと楠さん、弓道をしたり弓道具でお遊びしたりな先輩たち(全員女)、そんな日常。「毛利くんハーレムだね!」的要素ゼロで進む、ゆるくもテンポのいい会話とおふざけ弓道ネタが秀逸。ストーリー漫画のテンポを4コマに落とすとこうなるのかという感じ。おふざけネタだから弓道さっぱりな私でも楽しめていいね。的枠使ってロボ人間ごっこって部長……。キャラ的には楠さんが好き。白目の表情かわいいです。
【ゲスト(7月号-9月号)】佐野妙「小悪魔いもうと」
目次ページ4コマが本編にゲスト。小悪魔系な妹・理々子さんとシスコンだが報われない兄・大介くんの日常。両者の関係性がこの作者らしいな。しかし、キャラ見せは、これまでのように男子視点から女子を見せるのではなく、むしろその逆のように感じる。つまり、振り回す側=妹ではなく、振り回される側=兄を強くアピールしているように思える。確かに、笑顔ひとつ言葉ひとつで妹の思うように動いてしまい、しかし報われない兄は可笑しい。もてあそばれておりますなあ。でも本人は幸せそうだからそれでいいか。10月号から「小悪魔さん」と改題して連載化。
よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。