スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『2013夏の読書感想文コンクール』の結果発表あり - 芳文社『まんがタイムきららMAX』2013年11月号

きららWebにて募集されていた『2013夏の読書感想文コンクール』の結果発表あり。《4コマ同好会》でもお世話になっている水池亘さんが『こずみっしょん!』の感想文で特別賞を受賞されている。自分を含めて誰もが、感想文の冒頭一文を読んですぐ「あれ、この企画って感想文企画だよね……?」という思いが頭をよぎり、続く文を読んで「小説だこれー!?」とツッコんだに違いない。だが、様式こそネタ感があれど、『こずみっしょん!』の単行本を道具立てとし、作中のキャラの関係性と感想文中のキャラのそれとを、一人称代名詞のレトリックによりどんでん返しで重ねる様は見事と言うべきだろう。そこには、作品を読み込み、作品を楽しむ姿、そして作品「で」楽しむ心が見える。また、その小説的な様式にも、ラノベの賞への投稿活動をされている水池さんらしさが見出せよう。まさに作品愛が水池さんらしく表現された「感想文」と言えるだろう。水池さん、おめでとうございます。

読書感想文コンクールには、私も『ワンダフルデイズ』で投稿したが、残念ながら受賞ならず。読書「感想文」って難しい……。企画タイトルには「2013」とあるので、来年2014年にも開催されることを期待したい。

スポンサーサイト

枕辺しょーま『アリノスワンダーランド』はひとクセある女子二人のアパート同居コメディ - 芳文社『まんがタイムきららMAX』2013年10月号

枕辺しょーま『アリノスワンダーランド』

新連載。アパートの同じ部屋で新しい大学生活&予備校生生活を始めたみかとルリ。しっかりものかと思いきや時に子供返りするみか、二―トかと思いきや働きものな一面もあるルリ、とひとクセあるキャラの二人によるコメディが楽しい。111ページ4コマ目で甘え欲を満たして恍惚の表情を見せるみか何てとてもいいと思いますです。ファミリー誌から萌え系誌に移ってきた作者がどんな作品を見せてくれるのか楽しみ。

昆布わかめ『あかりのみみはなんのみみ?』はキャラ絵と道具立てが面白そう ― 芳文社『まんがタイムきららMAX』2013年9月号

きららWebでも告知されているように、「2013夏の読書感想文コンクール」のお知らせあり。きららMAX掲載作品のいくつかについて感想文を募集。8月31日17時締切、400字以上2000字以下。締切とフォーマットが夏休みの宿題っぽくて良い。『ワンダフルデイズ』で書いて応募したい。

昆布わかめ『あかりのみみはなんのみみ?』

初登場ゲスト作品。年頃になるとけもみみが生える世界で、年頃なのにまだけもみみが生えていない少女・あかりの物語。ビジュアル度高いキャラ絵と、思春期+けもみみ変化という道具立てが興味深い作品。今ならミラクに載っていても違和感ない。今回はキャラ見せ程度。次号もゲスト。キャラ絵と道具立てが生かされた、可愛いけもみみっ娘たちと、なぜけもみみが生えるのかという巧みな物語を見てみたい。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2011年9月号

守姫武士「お願い神サマ!」
俺の心が二人の空間に完全に捕らわれましたっつーかビックリするほど閉鎖的な関係性・シチュ・対話に「こいつらバカップルだ!」以外の言葉が出てこないほど脳をやられている。そして、徹底的に可視化される彼女たちの独り言・心の声・妄想に、二人の世界に引き込まれざるを得ない。
荒井チェリー「ワンダフルデイズ」
連載再開。しおりさんと蒼太くん。途中では二人の関係性を揺らしつつ、最後の一本で一本目に回帰させることにより元の関係性に戻すかのようなストーリー構成。この揺らして戻すストーリー構成は、作者のきらら系作品とぱれっと系作品を連載期間の長さの点から比較する上で特筆されていい。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2011年7月号・8月号

守姫武士「お願い神サマ!」
7月号は熱っぽい柚梨子。「自身を制御できない」シチュが一人称的にも二人称的にも好きな俺へのボーナス回ですね。というか、これまでちゃんとこの作品が読めていなかったので、ちゃんと読もうという気になったところに好きシチュが来たのは本当に嬉しい。互いの言動に対するバカップル的なやりとりが頭悪くて良い。花占いの一本や「夢ですから!」など、二人の言動がシンクロしちゃう閉鎖的な関係性もおいしい。そんな意識で8月号を読んだら普通にベッドでいちゃいちゃしてて普段からこうなのかこの二人は! 最後の一本のポエムなんて二人の世界が出来上がってて誰も割り込めねえ。やっと読み方が分かった気がする。
柚木ガオ「ののことのらと」
8月号は眼帯のの子。よもや戦国ネタの要素をMAXで見るとは思ってもみなかった。この作品も頭悪いよなあ。非常識的な力を持ったキャラが、その能力とともに平然とバカバカしいやりとりを繰り広げる様が、ありていに言えばシュール。あるいは、中二的痛さを痛さとして隠さずに開けっぴろげにしている、というか何というか。好きなのはみかんとソーセージの一対二本。戯れの「戦」に、妄想ごっこ遊びに飽きる中学二年生を見出してしまって共感してしまうのよね。単行本が出るようで何よりだけど巻次表記が無い。連載はそろそろ終わるのかな。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2011年5月号・6月号

6月号では原悠衣『きんいろモザイク(1)』と連動した特別限定ファンブック『モザイクのかけら』プレゼント企画あり。

柚木ガオ「ののことのらと」
5月号で新登場した倭太子(?)がやべえ。ののことのらという狂気が、さらに上の狂気と出会ってしまった感。電波的言動と冷静な態度で二人に付け入る隙を与えない倭太子が面白い。今後もこの路線で是非。
みそおでん「ラッキーストライク!」
ようやくこの作品のハードルを越えられた感触。徹底的な王道スポコン展開とボウリング小ネタを楽しむ作品だと思えばいいのね。あと、この二号では順調に成長している(ように見える)レンに安心する。
【ゲスト(5月号)→新連載(6月号)】器械「アキタランドゴシック」
数度のゲスト掲載を経て連載化。6月号ではアキタの姉が新登場。姉ぶって妹にちょっかいを出して妹に反撃されるというやりとりが可笑しい。大人しめのアキタとその友達に代わって場をかき乱してくれそう。あと、この作品は、火薬の臭いのする中世的な世界観を色濃く見せながら、所々で「ゲーマー」や「モール」などの現代の想像力を織り交ぜる点も面白い。独特の雰囲気。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2011年3月号・4月号

【ゲスト(3月号・4月号)】器械「アキタランドゴシック」
つの少女・アキタちゃんとそのお友達的な。アキタちゃんの悪魔を思わせるつのの形状といいモノクロームな服装といい中世の西洋を思わせるんだけど、パソコンはあるわショッピングセンターはあるわで普通に現代が舞台、というミスマッチが不思議な感覚。ジト目で理屈っぽく行動するアキタちゃんは存在感があり、それを見守る友達の視線に安心する作品。5月号もゲスト。
昼間行灯「おにさん、こちら」
初読。父と娘二人と猫一匹と鬼一人の日常的な何か、でいいのかな。父と娘二人(と死んだ母)に目が行く作品。特に父のキャラクターを見せている点が印象的。MAXでは珍しく、家族を描こうとしている作品のように思う。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2011年2月号

柚木ガオ「ののことのらと」
初読。怪力娘・ののこと超能力娘・のら、でOK? キャラより話より何より顔芸で攻める作者なんだと心に深く刻まれた。どことなくガンガン臭を感じなくもない。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2011年1月号

【ゲスト】湖西晶「カーにゃビ!」
新作ゲスト。霊感の強いOLさん、いわくつきの車に目をつけたが、その車はネコミミ美少女の霊付きで――。1話でキレイにまとめる感動系ストーリー4コマ。緊迫した中にあるギャグが好き。「ご主人様!ミケだにゃん!」とか。作者はぱれっとでこの手の4コマを確立したよなあ。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2010年1月号・2月号・3月号

kodomo兎「ねこにゆーり」
1月号は文化祭の獣耳喫茶(多分そういう設定だったはず)。あちこちでラブがあふれててええのう。脇の二組,両方とも男子が被食側の動物耳なのな! りんちゃんの発言の大人さに「入り込めない二人」の雰囲気が出てていいなあ。
玉岡かがり「ぼくの生徒はヴァンパイア」
ブラムの幼なじみ・クローディアのブラム救出作戦,正確にはブラムと仲良くするカミラがムカつくので二人を引き離そう作戦→3月号末で大分解決。男から見ればハーレムでも女から見れば叶わない恋なのでクローディアのような不遇なキャラは見ていて辛い。彼女は救われて欲しいなあ。
【新連載(2月号)】桜みさき「ここみみなたね」
父を追いかけて家出した母。渡された地図の元に娘・なたねが向かうと,そこには巨大なお屋敷が。でも主人・ここやメイド・みみを始め,お屋敷の人たちは変人ばかりで――。巻き込まれ系ドタバタ物語的な何か。前作と比較して主人公が平凡な分,周囲の人々の変人ぶりが際立ってる。でも楽しいのはなたね。謎のペットや空腹に命の危機が迫る彼女の姿といったら。百面相な表情もいい。作者の作品ってコミカルよね。
【新連載(3月号)】アキ「ふわっちょこ」
1月号でもゲスト掲載されてるんだけど(というかもっと前からちょこちょこ掲載されていた気がしなくもないけど)3月号扉で受けた印象にそれも吹っ飛んだ。このカラー絵の目と顔の肌色塗りには惹かれるわー。本編のキャラ設定はよく分かってないんだけどゆるゆる女子生徒ものか。のんちゃんのお姉ちゃんのほのかなシスコンぶりが微笑ましいのでもっとやればいいと思った。
よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。