スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉社『まんがタウンオリジナル』2006年9月号

今号で休刊。表紙にはまた逢う日まで…の文字が。少し前から各所で噂にはなっていましたが,まさか本当に休刊とは……。タウオリは渋い作品から萌え系まで幅広く詰め込んだ雑誌で,そのごった煮感が好きで毎号とても楽しみに読んでいただけに,このたびの休刊は非常に残念。

現在連載中の作品は,一部は『まんがタウン』へ,一部は『コミックハイ!』へ,一部は今秋配信予定の『ケータイまんがタウン(仮)』へ移籍。どの作品がどこへ移籍するかについては,以下のリンク先を参照。特に4コマニアさんが詳しくまとめられています。

また,他ブログのタウオリ休刊に関する記事で,私が気になった記事へのリンクを以下に。

以下,休刊についての雑感。

『まんがタウン』に移籍する作品について

全部で13作品が移籍される。うち,富永ゆかり「すてきなムコさま」と,高田ミレイ「中華なOLめいみん。」の2作品については,両作者は既にタウンにて,それぞれ「かなり*ハッピー!!」と,「ハムッとぽてまろ」を連載中。一誌で一人の作者が二作品を連載することはおそらくありえないので,現在タウンで連載中の方の作品が打ち切られてしまうのかなと。

『まんがタウン』のリニューアルについて

タウン移籍作品は9月5日発売号から連載再開予定。同時にタウンもリニューアルされる模様。私屋カヲル「だめよめにっき」の連載も決定し,全作品数は現在の31作品から38作品と,4コマ誌の中でもおそらく最多に。しかし計算してみると (31+13)-38=6 で,リニューアル時に6作品が打ち切られるということに。うち2作品は前述のものだろうから,あとの4作品がどうなるかは気になるところ。

『コミックハイ!』移転作品について

これは重野なおき「うちの大家族」と,ÖYSTER「男爵校長」の2作品。毎月コミハイを買っている人間としては,引き続きこれらの作品が読めることは嬉しい限り。ただどうしても,雑誌の誌風に合うのかなあ……,と思ってしまう。まあ,これは読者が心配することではないけれど。ともかく,私的には,コミハイには渋い良作が揃っていると思うので,コミハイを買おうかどうか迷っている方は,一度手に取ってみるのもよろしいのではないかと。個人的おすすめ作品は,山名沢湖「つぶらら」と,新井葉月「薬屋りかちゃん」の2作品。

真に最終回を迎えた作品について

松本蜜柑「微分・積分・いい気分」は,4コマ作品でも数少ない文系理系4コマ作品だっただけに,最終回は本当に残念。次回作に期待。真島悦也「みらいのあったかカップ」については綺麗にまとまり,単行本も10月28日に出るようなので,とても幸せな作品だと思う。いでえいじ「ルームメイツ★パニック」の最終回も残念。先日のくらオリ9月号でも「ぽけっとタマちゃん」が最終回を迎えてしまったから,いで氏のいい意味で狂ったギャグ4コマはもう見られなくなってしまうことに。またどこかで連載されないかなあ……。

『ケータイまんがタウン(仮)』について

注目は,今秋から配信開始予定という『ケータイまんがタウン(仮)』。双葉社の公式告知はまだないようだけど,この試みは面白いと思う。既に双葉社はネットで『COMIC SEED!』を無料配信しているけど,今度はさらに携帯配信に目を向けた形か。出版社が雑誌からネット配信にスイッチするのは,雑誌の出版に伴う赤字を抑えつつ作品のページを貯めることにあると思う(有料コンテンツの場合はこの限りではないけど)。そして作品のページが貯まれば単行本を出し,そこから利益を得るビジネスモデルだ。だから「ネットor携帯でしか読めないのか……」という心配は杞憂に終わる……はず,だといいなあ……。

しかし,返すがえす,この度の休刊は残念。でもそこは『コミックハイ!』を復刊させた双葉社。いつか『まんがタウンオリジナル』も復活することを願ってます。ついでに『もえよん』の復活も願ってます。

スポンサーサイト

『まんがタウンオリジナル』2006年8月号

重野なおき「うちの大家族」
騒音の中,サイレント4コマ。何てチャレンジャブルな。
富永ゆかり「すてきなムコさま」
ムコ様が空気読めてない系のキャラなような気がしてきた。でも爽やかだからOK。単行本2巻は6月28日に発売。
ÖYSTER「男爵校長」
小蘭とアリカに追いつめられる青井先生。どっちでもいいとは言えないだろうなあ……。切ない。

『まんがタウンオリジナル』2006年7月号

富永ゆかり「すてきなムコさま」
「通じてる?」の一本が切なすぎる……。こうして家庭での男の立場がなくなっていくのか……。負けるなパパとツヨシ君。
小笠原朋子「兄妹円満」
妹の無邪気さと自由奔放を受け入れられるかどうかで,この作品に対する態度が違ってくるような。私的にはこの明るさが大好き。私は小笠原氏の描く女性キャラがみんな好きすぎる。
松本蜜柑「微分・積分・いい気分」
物理学の教授も加わって四角関係の様相に。男性陣が両者ともヘタレなだけに,展開の鍵を握っているのは女性陣かなと思う。

『まんがタウンオリジナル』2006年6月号

【新連載】小池田マヤ「ミルククラウンの王子様」
ゲスト掲載を経て新連載。何かもう、凄い人が来ちゃったという印象。小池田氏の作品をほとんど読んだことが無い自分にとっては逆に新鮮。『タウオリ』の布陣がえらい事になってきた。
重野なおき「うちの大家族」
一本目でその後の音也と大吾の行動が読めてしまった件について。だがそれが彼ららしい。
【ゲスト】私屋カヲル「だめよめにっき」
久々の登場。最後の一本のラブラブぶりに撃沈。早く連載化されないかな。

『まんがタウンオリジナル』2006年5月号

【ゲスト】後藤羽矢子「シスコなふたり」
久しぶりの登場。そう、このエロ風味4コマこそ後藤氏の作品の魅力。後藤氏は4月7日発売の『ヤングガンガン』から二号連続で、夫婦4コマ「ぴゅあつま」が掲載。
【新連載】小笠原朋子「兄妹円満」
家出をした妹は、過去に同じく家出をして一人暮らしをしている兄のもとに転がり込み、同居することに、という話。小笠原氏の4コマの例に漏れず、女キャラの妹がとにかく可愛い。ほのかに感じられる幸せな空気も素晴らしい。期待大。
松本蜜柑「微分・積分・いい気分」
数学と物理の人間の間には 暗くて深い河があるんですって、そうなのかな…? 医学と数学の間には大分溝がありそうだけど。『まんがくらぶオリジナル』で始まった理系4コマ、中島沙帆子「シュレディンガーの妻は元気か」ともども、理系ネタを扱う松本氏と中島氏には頑張って欲しいなと思う。

『まんがタウンオリジナル』2006年4月号

重野なおき「うちの大家族」
みゆ美の妄想が過激になってきてるなあ。単行本3巻は4月12日に発売。
富永ゆかり「すてきなムコさま」
最近はさやかもお父さんもキャラが丸くなったような気がする。早く単行本2巻が出ないかな。
たかまつやよい「はるうらら」
平田の すごい勘違い。今後は平田の絡みが増えるのかな。

『まんがタウンオリジナル』2006年3月号

【ゲスト】小池田マヤ「ミルククラウンの王子様」
無口な小学生の女の子と、その担任の女の先生。そして女の子は前世、先生と親友だった、という感じの話。不思議な読後感の作品。これは来たかもしれない。次回登場に期待。
富永ゆかり「すてきなムコさま」
重曹にここまでの笑顔を見せるムコ様って…。富永氏の単行本「かなりハッピー!」1巻は2月13日に発売。
ÖYSTER「男爵校長」
眠さで笑いのボーダーが下がってるのかもしれないけど、今月号のネタは妙に強烈な気がした。「オレの『再沸騰』が火を吹くぜ!!」には笑った。

『まんがタウンオリジナル』2006年2月号

プレゼントがPSPやiPod nanoなど豪華。さすが双葉社、財力が違う。とりあえずiPod nano辺りを応募してみようか。

富永ゆかり「すてきなムコさま」
「換気扇のコーティングをはがすのは年長者の特権…!!」、ならば、新品のリモコンについているフィルムをはがすのもお父さんの特権なのかな? ちょっと毛色が違うかもしれないけど。
【新連載】松田円「かめびより」
松田氏が『タウオリ』に初登場。怠け者の亀とその飼い主の女の子の話。新連載ということで今回は顔出し程度だけど、怠け者という設定は所々で生きてて面白いなあ。

次号ゲストに小池田マヤ氏の名が。そういえばこの方の4コマ誌での4コマ漫画は読んだことが無い。楽しみ。

『まんがタウンオリジナル』2006年1月号

【企画】富永ゆかり「お酒スイーツ冒険記」
お酒に合うスイーツを探しに富永氏と編集の2人が銀座へ。シャンパンと洋菓子の組み合わせがおいしいらしい。そりゃ銀座の店だから、おいしくないはずがないよなあ…。そして「家で楽しみたい」という方のために、富永氏がコンビニスイーツ12種×お酒10種=120通りの組み合わせを総当りした「お酒×コンビニスイーツ相性表」も掲載。白ワインやシャンパンはいろんなスイーツと合うらしい。表にはないけど、いもけんぴとお酒も合うような気がする。表を参考にして食べてみようかな。
【新連載】ボマーン「ほほかベーカリー」
『もえよん』連載陣のボマーン氏が新作で『タウオリ』に登場。日本のパン屋で働く外国人・ホホカの話。制服が神戸屋っぽくてかわいい。和み系と言うよりはドジっ娘のホホカ。もっとドジっぷりを発揮して欲しいなあ。

『まんがタウンオリジナル』2005年12月号

たかの宗美「派遣戦士 山田のり子」
醤油を万年筆に使うとは。そういえば、お金の無い漫画家はペンのインクの代わりにファミレスで飲み放題のコーヒーを利用するという伝説が…、ないか。単行本4巻は10月28日に発売。
阿部川キネコ「ミス&ミセス」
なるほど、縦二列を並行して使っているのか。こんな表現方法もあるんだなあ。
松本蜜柑「微分・積分・いい気分」
「読むと約7行で睡眠状態に」、さながら下校時の電車内で座って読む英単語帳のように。
よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。