スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神堂あらし『咲丘TVショー』の「きれいな神堂あらし」感 - 竹書房『まんがライフMOMO』2013年10月号

神堂あらし『咲丘TVショー』

子供向け新番組で張り切る「いたるおねーさん」と「静おにーさん」。普段とはちょっと違う慣れない仕事に、アイナさんにはNGを出され、子役たちにもダメ出しをされ、しかし最後にはスイッチ入った勢いでキメるコメディが面白可笑しい。ひとつ「おっ!?」と思ったのは、話の結末の成功裏ぶり。作者作品に対しては全般的に登場人物が途中で場を掻き乱して台無しにして残念でしたねハイまた来月的なコメディ要素が強いという印象を持っていたのだけど、今作の今月号では「なかなかいいんじゃない?」と軟着陸させて、それが作品に心地良い安心感を与えている。何と言うか「きれいな神堂あらし」感がすごい。こういうのを読んでみたくもある。

スポンサーサイト

小笠原朋子『熊高手芸部』は同人作品の「その後の話」 ― 竹書房『まんがライフMOMO』2013年9月号

小笠原朋子『熊高手芸部』

ゲスト作品。小笠原さんの手芸ものって既視感があって調べてみたら、本作は小笠原さんの同人誌『08』に掲載された作品『男子sewing』の「その後の話」とのこと。女子ばかりの手芸部にやってきた転校生の手芸男子・早瀬くん。ボサ目の髪にするどい目つき、でも自分で作ったくまのぬいぐるみが好きなメルヘンキャラ、という早瀬くんのギャップが面白可笑しい。手芸部員の女子三人より女子力高そう。そんな彼に対して部長の石原さんは冷ややかな感じ。どうにもラブの芽生えそうにないこの状況から作者がいかにラブなコメを描いていくのかとても楽しみ。ぜひ続いてほしい。

ひだかあさひ『くしゅんッ!』

こちらはショートストーリーでゲスト。化け仔狐を飼う兄妹の話。所々途切れた描線で淡く描かれる、妹・トオルと仔狐・ちび助の姿が実に可愛らしい。小さい女の子と小さい男の子の組み合わせには誰も勝てませんよね……。MOMOに限らず、また読んでみたい。

竹書房『まんがライフMOMO』2011年9月号

【ゲスト】矢吹マオ「とらんしすた」
Y-1グランプリ2011年2月期月刊賞受賞作。姉の作った薬により女の体になってしまった弟。女装4コマは数あれど男→女性転換4コマは珍しい。ぶっちゃけ性転換シチュは大好物なんですが、割とお決まりの展開とギャル絵に〈楽園の鏡〉の印象が拭い切れないのが辛い。新しいキャラとの絡み(例えば親友♂)を入れてもう一回読んでみたい。

竹書房『まんがライフMOMO』2011年7月号・8月号

【ゲスト(7月号)】内村かなめ「お兄ちゃんの妹」
互いに素直じゃない兄と妹の日常。家ではぐうたら、学校ではしっかりな妹のキャラが生々しいというか、現実味があるというか。そして最後の一本に兄妹の今の関係性の惰性感が見え隠れしてて、退廃的に日常的。鬱々しい方の作者作品という印象。続くなら、この関係性に至った背景とかも見てみたい。
【ゲスト(8月号)】来瀬ナオ「はるかぜ日和」
WIN作品が単行本2巻発売記念ゲスト。太郎と手をつなぎたい吏南。吏南の葛藤を軽々と越える太郎の能天気さ、そして「せめて」と感謝の言葉を穏やかに伝える吏南が、この凸凹カップルらしくて微笑ましい。そして、最後の一本で「俺たちの戦いはこれからだ!!」と、誰のものだか曖昧な声が唐突に登場する様に、かしましき女子の独り言を見出してしまって、やっぱり好きだなあと思うのだった。今話は単行本2巻にも収録。

竹書房『まんがライフMOMO』2011年5月号・6月号

【ゲスト(5月号)】白雪しおん「小林にお任せ!」
作者がきららから流れてMOMOへ。自由奔放なお嬢様と毒舌な執事・小林。作者作品なのに男がヘタレてない! お嬢様の世間知らずさを的確に突く小林。そんな二人の掛け合いが可笑しい。「合コンの女王」とかひどいw そして最後もひどいw また登場するなら、お嬢様の世間知らずさでないキャラをもっと見せて欲しいなあ。
佐野妙「森田さんは無口」
6月号は前髪パッツンでオデコ出し森田さん。いつもと雰囲気が違う森田さんにたぎらざるを得ない。髪の話は女の子っぽくていいよね。あと代理は俺と代われ。今年7月からのテレビアニメ化も決まったそうで。
【ゲスト(6月号)】神堂あらし「酔いどれナイツ フォーエバー」
4月号以来のゲスト。会社飲みで地が出せないマコちゃん。可愛い外面の奥にある、男性陣の夢を壊す心の声。そして下心でホイホイついていって返り討ちにあう男。作者作品のキモが見事にあらわれている話であることよ。
【ゲスト(6月号)】黒渕かしこ「墨色えれくとろ」
単行本発売記念ゲスト。書道部女子たちの日常。ゲスト趣旨らしくキャラ見せ程度の一話。愛理さんのガチ書道好きキャラが可笑しい。線目で嬉しそうに墨を擦ったり筆字ノートを見せる姿と言ったら。単行本買ったまま積んでたけどこれは期待して良さげだわ。

竹書房『まんがライフMOMO』2011年3月号・4月号

4月号には単行本発売を記念した(多分)「ポヨポヨ観察日記」と「森田さんは無口」のとりかえっこ4コマが掲載。

ももせたまみ「せんせいのお時間」
3月号はにゃんにゃんにゃんフェアとのコラボ&3月3日の誕生日でネコミミみか先生。扉のみか先生が大変性的で困る。
須田さぎり「俺の眼鏡を知らないか?」
北海道旅行編。小山内さんの友達でおっとりメガネっ娘の仙庭さんも登場。女子たちの振る舞いがいたって〈常識〉的で、男子たちの痛さが際立っていて可笑しい。しかしそんな中でも和泉くんは女子たちに優しさ的な面も見せて俺の中での株価が上昇した。
【ゲスト(4月号)】神堂あらし「酔いどれナイツ リターンズ」
前回ゲストを読み逃してる……。酔いどれOL三人組の夜。OL・麻美の恋愛に対する積極性と、ゲイバーのマスターが彼女をおさえて戦いに勝利する様が、この作者ならではのテイストだよなあ。一般化すれば「強い女性」と「〈常識〉を凌駕する〈非常識〉」といったところか。

竹書房『まんがライフMOMO』2011年2月号

【新連載】小坂俊史「わびれものゴージャス」
「わびれもの」がゴージャスになって帰ってきた! 第1回は東北新幹線で青森・七戸十和田駅へ。更地が広がる風景を表現した「『何もなくなってしまった』寂しさや切なさ」「すらもなく」に沁み入る。……って、何がゴージャスになったのか分からねえw

竹書房『まんがライフMOMO』2011年1月号

碓井尻尾「青春甘辛煮」
お風呂回だから割増でそう感じるのかもしれないけど、最近の作者作品の女性キャラは大人びた可愛さを備えてきている印象がある。お風呂な沖田さんの瞳やまつ毛や唇なんか妙に色っぽいし。その意味でも、まんがライフWINでの新連載「(仮)メイド喫茶マンドリル」は楽しみ。

竹書房『まんがライフMOMO』2010年1月号・2月号・3月号

【ゲスト(1月号)】板倉梓「あいたーん!」
東京からド田舎の学校に引っ越してきたちょっとタカビーな少女・小夜子の新しい生活。彼女にペット認定された田舎少年・耕助と,田舎ぶり(というかブタ)に戸惑う小夜子,双方が相手の〈常識〉に戸惑ってるところが可笑しい。小夜子の方がグイグイ引っ張ってくれそうな印象。また読みたい。
ももせたまみ「せんせいのお時間」
3月号はバレンタイン。表紙と巻頭のみか先生が可愛すぎる件について。表紙はピンクのお洋服に赤リボン,巻頭はチョコ色と白のコントラストのメイド服だと……! 本編は小林の百合俳句が天才だと思った。直接的な言葉を使わないところに風情がある。
樹るう「ポヨポヨ観察日記」
3月号はぬいぐるみ作り。こだわりに喜びこだわりを喜ばれるみんなの笑顔が楽しくてよい。そして等身大ぬいぐるみ付きの限定版単行本8巻が予約制で7月27日に発売。3,500円といういいお値段だけど,限定版7巻の手乗りポヨと同じところが作るとのことなので期待せざるを得ない。予約は4月9日まで。
須田さぎり「俺の眼鏡を知らないか?」
3月号は幸壱の弟でショタメガネの幸弥が登場。兄よりも女っ気があるとか兄の立場ゼロだね! あれ,目から汗が……。てか幸弥は「小山内お姉ちゃん」と密室の授業をすべきだろ……!

竹書房『まんがライフMOMO』2009年12月号

【ゲスト】寺本薫「となりのえみりさん。」
大学から徒歩一分のオンボロ女子寮に住む少女。そこに新しくアメリカからの留学生がやってきて。寺本氏の作品に登場する女性は総じて大人の雰囲気があるよなあと思った。凛々しかったり落ち着いていたり。それはそれで好きなので男性キャラとの絡みも見てみたいんだよなあ。教授先生のようにちょっとお年召した人じゃなくてもっと若い人とさ。
須田さぎり「俺の眼鏡を知らないか?」
イケメンメガネの真木が登場。モテるけど男友達がいないキャラが滑稽。他人を下僕として利用するつもりが女関係で利用されてる姿とか涙なしには見てられない。今回は彼を含めて五人のメガネキャラが登場するメガネハーレム状態。誰かここに秋奈さん@視界良好を連れてくるんだ。
よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。