スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いずみのさんの4コマ記事に対する違和感

ぼくの4コマ記事が掲載されてます。ちょっ怖いですが、すーとぽてとさんのような詳しい人にご意見いただきたいなぁと思いますです http://bit.ly/TwieM

Twitter / Nobuyuki Izumi: ぼくの4コマ記事が掲載されてます。ちょっ怖いですが、 ...

その内容や手法によって実は様々なタイプに分類することができる四コマ漫画。もちろん楽しみ方だって様々です。漫画研究家の泉信行氏が、最近フト感じた疑問、そして疑問を巡る振り返りから導きだした「ストーリー四コマ」の面白さとは……。鋭意の同人誌『漫画をめくる冒険』の著者が皆さんを「四コマ漫画をめくる冒険」にお連れします!!

四コマのコミックス、なぜ一気に読みづらい? 文=泉信行 - WEBスナイパー

名指しされたのでTwitterで反応しました。その補遺として,いずみのさんの記事に対する違和感を書き残します。以下,長いので続きに。なお,以下では,いずみのさんの記事からの引用は【スミ付きカッコ】で示します。

スポンサーサイト

「4コマ漫画ナツ10 ~マイナーとかこまけぇことはいいんだよ!!~」報告

先生「それじゃー夏休みの宿題を集めるぞー」(挨拶

ということで,8月頭に企画しました「4コマ漫画ナツ10 ~マイナーとかこまけぇことはいいんだよ!!~」の報告をさせていただきます。以下,長くなりますので続きに。

ドキ♥ドキ★ドッキングフェア+α 『ちょこっとヒメ(6)』複数買い報告

ドキ★ドキ♥ドッキング!(挨拶

『ちょこっとヒメ(6)』4冊+α

てなわけで発売日から1か月遅れで恒例の複数買い報告。『ちょこっとヒメ(6)』絡みの「ドキ★ドキ♥ドッキング」フェア+αで4+1冊購入。特典は左手前からWonderGOO『東京★イノセント(6)』,WonderGOO・ヒメ(6),ゲーマーズ,とらのあな,右上に行ってダイセイコー。左上はとらのあな秋葉原店リニューアルオープン特典。フェア特典イラストはこれでコンプ。イラストはかたあし(=肩見せ足出し)・アリス・ふりふり・ポニテでポテト的にもやったぜグッて感じだね!

そんなヒメも「次が最終巻」とかうわあああああああああ!!!!!!!111 私まだこの現実を受け入れ切れておりませんよどういうことなの……。いやもう受け入れて最後の一話まで読んで次回作への期待の声をあげるしかないよな! 秋にはきららフォワードの「なきむしステップ」も連載再開するらしいしな!

さて本編は連載で読んでるので感想はスキップするとして,描き下ろされた部分での単行本6巻のMVPは26ページの妹さんと126ページのお父さんだと思いました。妹さんナイス制止。お父さんその一言はひどいwww 巻末描き下ろしを読んでると実は作者はエッセイ漫画でもいけるんじゃないかと思う。実録猫漫画「ミースケのこと」なんてのもあったし。

そんなこんなの6巻でした。さあ7巻は何冊買おうか。

NFK会員の複数買いっぷり

4コマ漫画ナツ10 ~マイナーとかこまけぇことはいいんだよ!!~

追記(2009年9月1日 23時14分)

企画は終了しました。報告記事をアップしました。

昨年の「4コマ漫画ナツ100」に続き,今年も4コマ作品列挙企画「4コマ漫画ナツ10」を開催します。今年は「百」ではなく「十」です。企画の趣旨は昨年と変わらず「みんなは知らない『これ好き』をさらけ出せ!」です。しかし今年は「みんなは知らない」の部分をより強化した企画になります。詳細はこの記事の続きに。

4コマ誌のススメ ― [1]なぜ4コマ誌を読むのか

概要

  • 4コマ誌は多くの4コマ作品がお手軽に楽しめる媒体です
  • ここでしか読めない作品もあり,自分の琴線に触れるような未知の新作と出会えるワクワクもあります
  • 「面白い4コマ漫画が読みたい」と思っているそこのあなた! 単行本もいいけど4コマ誌も手に取ってみませんか?

本論は長いので続きから。

2008年の4コマ動向まとめ ―映像化・雑誌・Webの観点から―

映像化

TVアニメでは,4月に「うちの3姉妹」が,7月に「ひだまりスケッチ×365」が放送開始。「となりの801ちゃん」は7月に「2009年にアニメ化決定」の→8月に中止決定という怒涛の展開。また,OVAでは,9月に「らき☆すた」が発売。

2009年のTVアニメは,1月に「ヘタリア」,春に「けいおん!」が予定。また,OVAでは,春に「ゆるめいつ」が予定。さらに,メディアも時期も未定だが,「GA」のアニメ化も決定している。

(年が明けてから告知された情報も含めると,「かなめも」のアニメ化も決定。また,「ヘタリア」はキッズステーションでの放送が中止となり,「モバイルアニメイト」と「アニメイトTV」での配信のみとなった。)

竹書房はFlashアニメに精力的。2月には「ポヨポヨ観察日記」「クロジとマーブル」を公開,8月には「がんばれ!メメ子ちゃん」DVDを雑誌に付録。デイリー4コマ側も,2月に「さかな&ねこ」をニコニコ動画にアップ

また,竹書房は外部の映像コンテンツとの連携を強化。「いぬ会社」「ネコナデ」のコミカライズを『まんがくらぶ』にて行った。(「いぬ会社」はFlashアニメ(その1その2)にもなった)。2009年1月には「幼獣マメシバ」のコミカライズが『まんがくらぶオリジナル』3月号にて開始予定。こちらは1月からTVドラマが放送開始,初夏には映画化予定。

猫ラーメン」は多方面に展開。11月にアニメ漫才のTV放送が始まり,さらに実写映画化。2009年2月にはアニメDVD第二弾『猫ラーメン ~俺の醤油味~』が発売予定(Yahoo!動画にて先行配信中)。

雑誌

創刊・休刊の話題では:

の四点が印象深かった。他にも実話誌がいくつかリニューアルされたようだけど追い切れていない。

表紙交代については,少なくとも竹書房『まんがくらぶ』で,5月号までたかの宗美「有閑みわさん」→6月号から神仙寺瑛「天使の事情」となっている。

Web

竹書房は大きくふたつ。ひとつは前年から続いている「livedoor デイリー4コマ」との連携。今年は合同新人賞「Y-1グランプリ」の第1回グランプリが選考され,5月にはその授賞式が開催された(私のレポートはこちら)。

もうひとつは電子書籍サイト「Renta!」との連携。12月2日から竹書房の過去の単行本作品の配信が始まっており(プレスリリース),特集ページも開設されている。今後も配信作品は増えていく模様。作品数だけで見れば,既にRenta!の方が本家ケータイサイト「携帯竹書房書店」よりも充実している。

芳文社は10月に「まんがタイムWeb」をリニューアルし,豊富ながら目立たなかったWebコミックを前面に押し出すようなサイトデザインとしている。同サイトでは11月から「フレッシュ!4コマギャラリー」を開設し,新人の露出も増やし始めている。また,今年1月に入ってからは,漫画復刊サイト「コミックパーク」と連携し,オンデマンドコミックス「まんがタイムカプセル」の購入受付を特設ページにて始めている。

双葉社は「ケータイまんがタウン」が継続中ということ以外には大きなニュースはなかったように思う。

その他で注目すべきは,スクウェア・エニックスが10月に開設した「ガンガンONLINE」だろう。開設当初から漫画連載全9作品中6作品が4コマ作品という充実ぶりに加えて,4コマ新人賞「FOUR」も設置。力の入れようがうかがえる。

「4コマ漫画ナツ100」無事終了しました

企画終了から遅くなりましたが御礼と報告を。

9月末にて「4コマ漫画ナツ100」無事終了しました。当初は「私以外誰も参加してくれないんじゃ……」とも思っていましたが,最終的には21名の方々が「これ好き!」をさらけ出して下さいました。みなさま,ありがとうございました。

参加者のみなさまの「これ好き!」一覧を見て,それぞれに尖った「これ好き!」だと感じました。懐かしの作品や非4コマ誌掲載作品を挙げて下さった方や,一作者の作品をたくさん挙げて下さった方まで,それぞれ特徴的な「これ好き!」を示して下さいました。作品ごとに詳説をつけて下さる方もいらっしゃって,これまで知らなかった作品の内容を知るきっかけを作って下さいました。

ところで,私は企画当初にこんなことを申し上げました。

4コマ作品,特にメジャーな少年・青年誌以外に掲載されているものって,看板作品を除けば広く知られている作品はそれほど多くないと思います。だけど「みんなは知らないかもしれないけど私この作品がめちゃくちゃ好きなんだ!」という作品って,きっとあると思うんですよね。そんな作品を挙げることで,同じ作品が好きな人を見つけたり,新しい作品を知ることができれば,漫画を読む楽しみが広がるじゃないですか。そんな想いです。

【「これ好き」を】4コマ漫画ナツ100【さらけ出せ】 - よつぎりポテト

もし参加者のみなさま,そして読者のみなさまに「知らない作品をもっと知りたい」「『私』の心に響く作品が読みたい」という方がいらっしゃいましたら,私の方からひとつ提案させて下さい。

是非,他のみなさまの「これ好き!」一覧を眺めて下さい。そして,自分と同じ作品を好きな方を見つけたら,その方の「これ好き!」作品のうち,知らない作品に触れてみて下さい。こうして,興味が近しいと思われる方から知らない作品を知り,漫画を読む楽しみを広げていく,という方法を,ひとつ提案させていただきます。

最後に,重ねて御礼を。参加者ならびに読者のみなさま,ありがとうございました。

【「これ好き」を】4コマ漫画ナツ100【さらけ出せ】

本企画の募集は9月28日(日)いっぱいで終了したいと思います。急な話で申し訳ありませんが,よろしくお願いします。

募集は終了しました。「これ好き!」をさらけ出して下さった皆様,ありがとうございました。後日改めてお礼の記事を起こしたいと思います。 御礼と報告の記事を起こしました→〔「4コマ漫画ナツ100」無事終了しました

もう夏も終わりですが,soorceさんのオフ会宣言した通り,漫画ナツ100に対抗して「4コマ漫画ナツ100」を立ち上げてみようと思います。

趣旨

企画の趣旨は「みんなは知らない『これ好き』をさらけ出せ!」です。

4コマ作品,特にメジャーな少年・青年誌以外に掲載されているものって,看板作品を除けば広く知られている作品はそれほど多くないと思います。だけど「みんなは知らないかもしれないけど私この作品がめちゃくちゃ好きなんだ!」という作品って,きっとあると思うんですよね。そんな作品を挙げることで,同じ作品が好きな人を見つけたり,新しい作品を知ることができれば,漫画を読む楽しみが広がるじゃないですか。そんな想いです。

基準

作品選考基準&参加基準は下記の通りとします。

  1. 4コマ作品から選んで下さい。連載誌は4コマ誌でなくてもOKです。紙媒体以外(ケータイ,Web,ブログ,etc)の作品もOKです。逆に4コマ誌連載作品でも非4コマ作品はNGとします。
  2. 選ぶ作品は下記4点のいずれかを満たして下さい。
    1. 単行本になっている。
    2. 単行本にはなっていないが現在連載中である。
    3. 単行本になっておらず,現在連載中でもないが,過去に少なくとも1回ゲスト掲載され,近日中に連載化予定である。
    4. 単行本になっておらず,ゲスト掲載で,通算2回以上,かつ最近3か月以内に少なくとも1回掲載されている。
  3. 選んだ作品はご自身のサイト・ブログ・日記などに書き,誰もが閲覧できるようにして下さい。この記事のコメント欄への投稿や,すいーとポテトへのメールでの投稿はご遠慮ください。また,招待制SNSの日記などクローズドな場所へ投稿されると,私は捕捉できない可能性があります。ご了承ください。
  4. 捕捉が楽になりますので,ご自身の記事からこの記事へトラックバックを打っていただければ幸いです。
  5. 選ぶ作品は100作品に満たなくても構いません。「これ好き!」をさらけ出すことが最も重要です。

漫画ナツ100とは選考基準を変えました。特に4コマ漫画ナツ100では単行本化されていない作品でも選べます。4コマ作品には往々にして単行本化されない作品があることを鑑みて,このような基準としました(この辺,想像していたのと違っていたらごめんなさい)。

捕捉できたページはこの記事からもリンクを張りたいと思います。是非,みなさんの「これ好き!」を挙げてくれると嬉しいです。企画参加者が私一人でもめげないもん>< 既に数名の方々に参加していただいております。ありがとうございます。

みなさんの「これ好き!」

捕捉次第追加していきます。みなさん,参加ありがとうございます。

私の「これ好き!」

私の100作品は続きからどうぞ。

【NFK定例報告】『ドラマCD ちょこっとヒメ』複数買い報告

発売からもうすぐ1か月が経とうとしていますが。

『ドラマCD ちょこっとヒメ』3枚

ドラマCD ちょこっとヒメ』初回版買いました。3枚。店ごとに特典が違うなら可能な限り全部買うのがNFK会員の勤めだよ!

初回版は特典「スペシャルコンテンツ収録CD-ROM」付き。ジャケ絵,裏ジャケ絵&ソーニャ,ポスター絵の「壁紙」,お疲れ様会的な「キャストコメント」,本編と同時再生で別の楽しみな鳴き声トラック「猫パッチ」が収録されています。

『ドラマCD ちょこっとヒメ』特典ポストカード&クリアファイル

ショップ特典,とらのあなの特典はポスター絵のポストカード,アニメイトの特典はジャケット絵のクリアファイル。

『ドラマCD ちょこっとヒメ』特典ポスター

そしてマリン通販の特典はポスター。何よりこれが欲しかった! あまりに嬉しかったのでカバーに入れて部屋の壁に貼ってみたよ!

さてさてドラマCD版「ちょこっとヒメ」,以前にスクエニ4コマ×3作品フェアのプレゼントCD(I'll be dis-ABSOLUTERさん参照)にも収録されておりましたが,この度単独で発売。声が3匹だけの前回と比べ,今回は飼い主キャラにも声がついたり,ドラマCDオリジナルキャラが登場したりと,さすがに本格的。

ドラマCDオリジナルキャラは「ソーニャ」。この子,どんな子かと言うと,ジャケットに収録されている描き下ろし4コマには――

『ドラマCD ちょこっとヒメ』ちょこっと4コマより

「ソーニャ何だか発情してきちゃった…」

発情だなんて! 何てエロい子! おとなのみりょく!

さて,続きではソーニャの正体を含め,今回のドラマCDの感想を。ネタバレ注意。

【NFK定例報告】『ちょこっとヒメ(4)』複数買い報告

NFK(日本複数買い協会) ,恒例の 散財 祭り ですよー。

……あれ? 実は私が一番報告遅かったりします?

『ちょこっとヒメ(4)』×5冊 (クリックで拡大) 『ちょこっとヒメ(4)』特典 (クリックで拡大)

カザマアヤミ『ちょこっとヒメ(4)』が発売されたということで今回も買ってきました。5冊

今回のフェア開催店は,とらのあなアニメイト,ゲーマーズ,ダイセイコー,そしてマグマニ。「ダイセイコー」は私は今回初めて聞いた書店なのですが,神奈川,埼玉,千葉に展開している書店だそうです。私が行ったのは戸塚店です。

特典は写真左上からこの順番。マグマニのブロマイドを除き,テーマは人間化。単行本2巻のカバー下のネタが再来です。当時は少女漫画風で切ないストーリーだったわけですが,今回はお邪魔も無く三組がなかよしラブラブしております。

『ちょこっとヒメ(4)』アニメイト特典[1] (クリックで拡大) 『ちょこっとヒメ(4)』アニメイト特典[2] (クリックで拡大)

どれくらいなかよしラブラブか兄ちゃんとヒメを例にすると「今晩一緒に寝よー兄ちゃん!!」「ひめをおよめさんにしてね」「ちかいのちゅー♥」ですよ! 何て積極的なヒメ! でも兄ちゃん「お前重いからなー」なんて言うなよこの乙女心分からずや! 惜しい人!

さてさて4巻には着せ替え写真会や,陽太としろこの馴れ初め(?)や,ガンガン本誌に掲載された番外編・土佐犬三姉妹などが収録されてるわけですが,それはそれで当然読むとして,忘れちゃいけないのがカバー下。今回は性別逆転編で,短パン(ここ重要)な「ヒメ」,子悪魔系の「陽」,”子供うみたいエロスなお姉さん”の千鳥などなどの姿が。

思い返せばこれまでに数々の妄想編がありました。1巻カバー裏と3巻では人獣逆転,2巻カバー裏と今回のフェアでは人間化,3巻カバー裏は相方交換,4巻のカバー裏は性別逆転。となれば残るネタは動物化ですね。颯子さんに真に貞操の危機が迫るわけですね。分かりますか? 分かりません!

いずれにしよ,この妄想の数々。ぱれっと作品の湖西晶「ソーダ(屋|村)のソーダさん」ばりに,同キャラで別設定の物語が作られてしまいそうな程に「強い」キャラたち。ソーダさんシリーズが個々の物語を,そしてキャラクターの生きざまを徹底的に描くのに対し,ヒメはそれが猫であれ人間であれ女の子であれ男の子であれ,それがひとつのヒメ,言わば「マスター」のヒメのキャラを強化しているように思えるわけですよ。

「動物のおしゃべり」と「ちょこっとヒメ」の接続はこれまでにも唱えられてきたけど,ソーダさんとヒメについても共通点と差異を見出すことで,擬人化とキャラ/キャラクターの関係の糸口がつかめそう。よっしゃこれ6月の同人誌で書いてみるか。

さて話を戻して。ちょこっとヒメで今熱い話題と言えば,6月25日に発売されるドラマCD

昨年秋のスクエニ4コマ×3フェア時の全プレドラマCDにもヒメのお話が収録されてました(内容はI'll be dis-ABSOLUTERさんを参照)が,声がついていたのはヒメ・しろこ・くっきーの三匹のみでした。

しかし今回は相方の人間の方々や颯子・千鳥ペアにも声がつき,さらにドラマCDオリジナルの猫キャラ・ソーニャも登場するとか。そんな,ほぼフルメンバーで,しかも新キャラとか,楽しみにしまくるしかないじゃないですか。

そして坂下兄妹が日野聡&釘宮理恵(=悠二&シャナ)(=才人&ルイズ)だなんて360度どこから見てもお似合いですよね! お墨付きですね! お前ら結婚しちゃえ!

……オチがつけられなくてすみません>< とりあえずドラマCDと5巻が楽しみです。このペースだと5巻は今年の秋あたりでしょうか。 4巻の帯に”5かんはことしのふゆごろだよ”とありました。MIYAさん,ご指摘ありがとうございました。

関連ページ

複数買い関連
ドラマCD関連
よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。